見出し画像

ペリカン急須のパーツは4個

急須・徳利・花生など胴体がふくらんでいて、口が狭い陶器の事を「袋もの」と言います。
一般的な湯呑やカップ、ご飯茶碗などと比べると、少し技術的に難しい形です。

ペリカン急須のパーツは4個。
粘土をこねて、ろくろでパーツをそれどれつくり、削って、
注ぎ口の穴をあけて、組み立てます。

組み立てる時も、パーツの硬さが同じくらいまで乾いていないと、くっつけた後完全に乾かすときにはがれたり、ひびが入ったりして、キズが出やすいです。

ペットボトルのお茶も便利ですが、茶葉を急須で入れると、香りも楽しめてて至福のひと時です❤


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」をして頂き有難うございました。
京都で生まれ、育ち、干支が生まれた年に戻りました。 様々な人々に出会い、教えていただいたことを今度は返す番にになったのかもしれません。 晋六窯は京都で三代続く窯元です。 日々の思いを少しづつ書き留めたいと思います。