記野式:サクッと!ゲーム業界講座 7月後半号
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

記野式:サクッと!ゲーム業界講座 7月後半号

カイオス 記野

東京オリンピックが始まりました。無観客とはいえ意外と盛り上がっていますね!来月頭まで続くスポーツの祭典をステイホームで見まくりましょう。

まえがきではValve社のSteam Deckが発表になったので軽く紹介します。

定番の6月のアメリカ市場データNPDの報告ですが、6月末までですから今年の半期、折り返しのデータになっています。これからアメリカは年末商戦に向けて大きな波を迎えることになります。

今号ではNewzooの2021年世界のゲーム市場レポートを目玉にしています。長いですが、ぜひ読んでくださいね!

今回の為替レートは1ドル=110円で計算しています。

<記野式まえがき:ValveのSteam Deck>

Nintendo Switchの好調がゲーム業界にいろいろな波を起こしています。前号で書いた通り、Nintendo Switchの新型のハイスペック化が望まれていたのに任天堂はそこまでのハイスペック化を実現しませんでした。

それには任天堂の哲学があるのでしょうけど、ポータブル、かつハイスペックなゲーム機の需要が増していると捉えられる傾向に変わりはありません。その証拠にMicrosoftがNintendo Switch ハイスペック版的なXbox ブランドのポータブルゲーム機を開発している噂はここ数年絶えません。

画像27

Valveという会社をご存じですよね?日本では一般にはそれほど知られてないのが残念ですが、『Portal』、『Counter-Strike』、『Half-Life』 などのゲームタイトルシリーズを手掛けた制作会社で、最近ではゲーム配信プラットフォーム「Steam」の運営会社として有名になった会社ですね。

画像24

ゲーマーの方々はお世話になっているはずなこのValve社がこのたび「Steam Deck」なるポータブルゲーム機を発表しました。ものすごくハイスペックなポータブルゲーム機で「Nintendo Switch Pro」の出現!と言われ(笑)、ゲーマー間ではものすごく話題になっています。

画像26Valveによると、「AMD社と提携し、携帯型ゲーミング用に最適化されたカスタムAPUを開発しました。 Zen2+RDNA2を搭載し、最新のAAAタイトルの実行にも十分なパワーを発揮します。」とのこと。

画像25

Steam Deckは現在予約を開始していますが、アメリカ、カナダ、欧州、イギリスの先行販売で2021年12月にお手元に届くようです。その他の地域は2022年中とのことですが、日本での発売は未定です。涙。

Steam Deckは3つのモデルが準備されています。

 <Steam Deck 3モデルの価格と仕様>
(1)64GB eMMC:399ドル(約43,890円)
ベーシックモデル。64GBの eMMC内部ストレージ。キャリングケース。
(2)256GB NVMe SSD:529ドル(約58,190円)

256GB NVMe SSD内部ストレージ。 高速ストレージ。キャリングケースと限定Steamコミュニティプロフィールバンドル。
(3)512GB 
NVMe SSD:649ドル(約71,390円)
512GB NVMe SSD内部ストレージ。最速ストレージ。プレミアム防眩エッチングガラス、限定キャリングケース、限定Steamコミュニティプロフィールバンドル、限定仮想キーボードテーマ。

そんな話題のSteam Deckですが、すでに予約が開始されたためオークションでとんでもない金額で取引されているとのこと。ま、ハードのローンチ時には必ずこんなことになっていますが…転売目的で買うの、やめてもらえないかなぁ…。

いずれにしてもメーカーさんが頑張って生産しているので、待ちましょうよ。あ、弊社PlayStation 5がようやく当選して正規のお値段でゲットしました!祝!

<2021年6月 米国市場動向 NPDデータ分析!>

アメリカのゲーム市場の勢いは衰えていません。新型コロナウイルス第一波のときに人々の関心がゲームに集中しましたが、日常生活が取り戻されようとしている現在も、「ゲーム」という趣味を満喫し続けている人が多いようです。

今回注目すべきは「Xbox Series X|S」の好調でしょう。MicrosoftはElectronic Entertainment Expo(E3)の直後に「Xbox Series X|S」の市場への流通量を増やしたのですが、どうやらその成果が出ているようです。

この続きをみるには

この続き: 12,832文字 / 画像39枚
記事を購入する

記野式:サクッと!ゲーム業界講座 7月後半号

カイオス 記野

330円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カイオス 記野

ありがとう♪ いっぱいいっぱい情報書きます! 毎月10日、25日頃に更新しまーす。 次回もよろしくお願いします。

Thank you so much! シェアも頂けると嬉しいです♪
カイオス 記野
カイオス株式会社代表。コナミ、バンダイ(現BNE)、SCE(現SIE)にてゲームソフト&キャラクターライセンスおよび戦略的業務提携に携わる。ゲーム業界歴20年超のベテランアナリスト、ライター、宴会部長(コロナ禍で自粛中)。