見出し画像

松坂大輔と松坂恭平の兄弟の差はどこで生まれたか①

始めまして。

株式会社ドームに勤めている松坂恭平と申します。

(兄貴がちょっとした有名人です)

昨日にアンダーアーマーファンの方々に向けたYoutubeを開始しました。折角なので沢山のアンダーアーマーファンの方々に知って頂きたいと思い、閲覧のみであったnoteも開始しようとPCをタイピングしております。

まずは、自分自身のパーソナルな部分を簡単にご紹介させて頂こうと思っていたのですが、純粋に僕と兄の差はどこでこんなにも開いたのか。ということをなんとなく記載してみようかと急に路線変更します。

別にこの兄弟格差に僻んでいる
(いや、実際はかなり羨ましいと思っています💰)

病んでいる。という訳ではないので、関係者の方々はご安心くださいwww

子供を持った身として、兄弟の育て方の参考までにしていただければと思ってです。

2人は、

兄:大輔、1980年9月13日、江東区塩浜に松坂家の長男として生を授かる。

弟:恭平、1982年11月23日、江東区塩浜に松坂家の次男として生を授かる。

(よく、兄の横浜高校のインパクトが強くて神奈川県だと間違われますが東京っ子です)

2人は、塩浜にある塩崎保育園、江東区の南陽小学校、東陽中学校までは一緒の学校に通う。

では、球歴を辿ります。

兄:大輔、小学校3年生の夏ころ?に東陽フェニックスのという少年野球チームに入団。

弟:恭平、小学校1年生の冬頃に兄を追いかけるように東陽フェニックスに入団。

因みにそれまでは、2人とも深川剣友会で剣道を習っていました。2人ともそれなりに強かったと思います。私は協調性が無かったのか「恭平は、性格的に個人競技が向いているからこのまま剣道をやらせた方が良い」と言われておりました。兄は、昔から社交的であの顔の感じで親しまれやすかったようです。

剣道ですが兄は、4年生まで、私は2年生まで野球と剣道の両方をやっていました。平日の火、水で剣道。(曜日は間違っているかも知れませんがとりあえず平日に2日間は剣道)土日は、野球。剣道の試合があれば剣道の試合にでる。そんな感じだったと思います。(親に確認すればすぐにわかるのですが取り急ぎw)

そんな剣道、結果的にすべてを満遍なく鍛えられてたように思います。裸足なので足裏からの神経伝達的なモノも発達したのかと。怪我もし難くて良い競技だと思います。(あっても竹刀で打たれての打撲程度)

話しは、少年野球に戻します。

兄は、入団直後からそれなりに活躍。直ぐに主力選手になっていたと記憶しています(むむむ。実は既にここで差がある説www)

弟は、小学校低学年のためにボール遊び。水たまりで良かれと思ってグラブを洗って親父に怒られた記憶が一番の記憶です。めちゃくちゃ怒られたのでその後の私のグラブへの愛着、手入れはかなりのものだったと思います。自分だけのグラブだけじゃなく、兄のグラブまで磨くようになりましたww(だから会社でもアンダーアーマーのグラブを立上げたかったのかも知れません。実際に立上げメンバーです)

小学校のチームですが確か、

Aチーム、小学校6年生以下

Bチーム、小学校5年生以下

Cチーム、小学校4年生以下

2人ともCチームからのスタート。

兄は、確か、基本的には、1学年上のチームでプレーしていたと記憶しております。4年生の時にCとB、5年生のBとC、6年生は、Aしか所属できないのでA。

では、弟は、どうか。まず、2年生の途中から半年くらい野球に通わなくなります。理由は、自分でも言うのもなんですが顔がかなり可愛らしい顔をしていたので、上級生が可愛がられました。

しかし!!!

私自身は、「イジメられている」と捉えてだったと思います。つまり、結果的に一時前の可愛がりですねwww(嘘です。普通に可愛がってもらっていました)捉え方は人それぞれなので接し方って本当に難しいですよね。

話を戻しますが弟も実は、復帰してから野球が何故かメキメキ上達して、兄と同じく、自分のチームと1つ上のチームで練習も試合もしていました。4年生の時は、飛び級の飛び級で6年生の兄のAチームで一緒に練習をして、都大会の大事な場面で代打で出場した時のことは、今でも鮮明に覚えております。(結果は、ガチガチに緊張して1度もバットを振ることなく見逃し三振です。今でもあの時の緊張を超えるものはなかったかも知れませんwww)

あれ???

あれあれ???

小学校の時は、弟の方が凄くないか??飛び級の飛び級で6年生の試合に、しかも都大会でも打席に立っているぞ!!

すみません。子供が起きてきたので今日はここまでです。

また、時間のある時に続きを書きたいと思います。

お付き合いありがとうございました。

追記

凄いなwww

もう少し真面目に小さい頃に兄弟(本人が)何をしていたかを書いていきたいと思います。


元々紹介したかった、

アンダーアーマー好きが

アンダーアーマー好きにおくる

アンダーアーマーの紹介

Youtubeのリンクを貼らせて頂きます。

宜しければ、チャンネル登録といいね👍

お願い致します🙇

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
松坂大輔と松坂恭平の兄弟の差はどこで生まれたかの連載になります。 たった2歳差であり、幼い頃から同じ競技をやる中でどのようにして差が生まれていったのかを「弟目線」で書いていきます。 完結するまで毎週お届け致します。 月に2本読むのであれば購読の方をおススメ致します。 素人サラリーマンが書き連ねるnoteですのでご容赦ください。

松坂大輔と松坂恭平の兄弟の差はどこで生まれたかの連載になります。 たった2歳差であり、幼い頃から同じ競技をやる中でどのようにして差が生...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

宜しければサポートをお願い致します。頂いたサポートは、やはり、僕は野球に育ててもらったので野球界への還元を行いたいと思います。今は、ばっくりしていますが「何をしたか」は必ずnoteで報告させて頂きます。何卒宜しくお願い致します。

「スキ」ありがとうございます。宜しければフォローお願い致します🙇
109
株式会社ドームで商品企画とYouTu部所属。会社のPRばかりのnote。たまにコーヒー Twitter:https://twitter.com/kyohei1982 Instagram:https://www.instagram.com/kyohei_matsuzaka_1982
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。