見出し画像

喜屋武ちあきの独立日記。その18〜自己紹介サイトを自作する〜

16年間いた芸能事務所から独立し、7月よりフリーランスとして活動しています、喜屋武ちあきです、こんばんは!



実は、今度「プロトアウトスタジオ」さんで、プログラミングやプランニングを勉強していくことになりました!!

画像1

現在、私がマイミッションの一つに掲げている、タレントのパラレルキャリア。

この可能性を模索する中で、実は"プログラマーっていう職種はアリなんじゃないの?"と思っていたのです。


本来タレントの強みは外見的魅力やコミュニケーション能力というところが強いので、パソコンに向かって作業し続けるというものはどうかな〜というところはあります。

ただ、プロトアウトスタジオはプログラミングももちろん学べるけれど、それだけじゃなく

・自分の今あるスキルや知識からどのように価値のあるサービス"を提案するか

・その魅力をどのように人に知らしめていくか

というところに重きを置いているのです。


それであれば、"人とは違う経験を多く持ち"、自分なりの企画を作るスキルや、"人前で喋る"というプレゼン力に共通するスキルが高いタレントさんには向いているんじゃないかな。と。

プログラマーは、パソコンがあれば割と自由に自分の時間を使って作業する事もできますし、自由な時間を使って働くタレントという要素とのマッチングは悪くないんじゃないかな。とね。


プロトアウトスタジオのHPを見ていたら、なんと「code IQ」で一緒にインタビュアーとして様々なエンジニアさんをインタビューしていた"風呂グラマー"の増井さんがメンターで携わっているということを発見。早速お願いして、代表の菅原のびすけさんとお会いすることができました。


色々とお話を聞く中で、改めて可能性を感じたこと、そして菅原さんの想いが素敵だったこと、そして何より、人にその可能性を提案するならば、まず自分で経験をしてみなければならないと思ったので、まずは自分自身で通ってみることにしました!



そして本日、第一回目の授業を前に、全く知識のない数人に向けたプレ授業が行われたので行ってきました。



テーマは

「自分の自己紹介HPを作ろう」

ということで。


画像2


私、自分でHP作っていたのは遥か昔、高校生の頃。そう、役20年も前になるんですね!えっちょっと…流石に驚くわ…その時間の経過…引く。

そして、もちろんその頃のことなんてほぼ覚えていないので、プログラミングスキル0からのスタートだよ!!!

大変心配していましたが、クラスには他にもプログラミング経験がほとんどないという方が参加していらっしゃったので一安心でした。


使用したソフトはVisual Studio Codeです。

やはり当時とは色々なやり方が変わっていて、HTMLだけでなくCSSというスタイルシートを別で作って装飾したりとか、インターネットのサービスにフォルダーをドロップするだけでHPをアップすることができたり、便利になっていました。


最後にみんなで作ったHPを元に自己紹介プレゼンをしましたよっ。


画像4

画像3


ということで、今日は本当に短い時間で1ページではありますが、簡単に自己紹介サイトを作ってみました。

ぜひこちらからご覧ください。

喜屋武ちあき自作・自己紹介ページ


言いたいことはたくさんあると思うが…これが今の精一杯だ…!!


今回はhtmlを使ったHP作りでしたが、これから色々なことを学べると思うと楽しみです!!!


このスクールを通じて、実際に何かサービスを作っていくとのことなので、どんどん発表していきますねー!!!



2019.9.29 喜屋武ちあき






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると、ズゴック喜びます。 記事作成や事務作業をするためのコーヒー代、フリーランスの活動費としてありがたく頂戴いたします。お気持ちにギガ感謝!

こんなに嬉しいことはない!ありがとうございます。
15
元祖オタクタレント きゃんち こと喜屋武ちあきです。 人生Ver3.5/アニメとゲームと漫画とお酒が栄養 / 小中と暗黒時代を経てアイドル(風男塾)やってました /アニメヨガ🧘‍♀️ /酒ミット🍶 /星ドラ&ラジオNIKKEI「AI起業家の集う店 CAN BAR」MC 。

コメント2件

おおー!
凄いやん( ´ ▽ ` )ノ
できる人には簡単でもできない人には大変やで!
あ~こうゆう経歴の人なんやってちゃんとわかるし最後のTwitterとかのリンクもいいでな!
がんばって少しづつできること増やしていってなー(=゚ω゚)ノ
個人的には紹介ページの最後のWikiのリンクがツボでした(*´∀`*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。