空想さん

行き詰まって行き詰まってここに来ました サポートしていただけるともっともっと書けます でも 「読んだよ~」ぐらいの感想でも十二分に喜びます 拙い作品ばかりですが、すべてあなたの声をお待ちしております 加古川市のかわのまちリビングの私設図書館『つんどく』で一棚オーナーもしてます
    • 奇妙な味の短編

      • 16本

      奇妙な味の短編を集めてしまった。

    • 一言集

      • 4本

      想像から生まれた想像してほしい一言集です。

    • 『待ってる、楽しく』

      • 1本

      すべてを投げ出して猫のように丸まってしまった夫とその猫を見守る家族を描いた作品

固定された記事

『待ってる、楽しく』第一話

 夫が猫のように丸まってしまった。 いや猫そのものになって丸まってしまったというべきかもしれない。 猫になってしまったのだから当然仕事にも行かなくなった。 私には…

4か月前

『誰』

脳が欠陥品と判明したので良品に交換して貰うことにした。 配送も終わったのであとは待つだけ。 これで仕事のミスも、無駄にざわつく不安感もなくなる。薬の量も減らせるか…

11日前

『聞こえてますか?』

通りから銃声が一発。 日本でも聞こえるようになったか。 彼らの勝利だ。 祝ってあげる。 僕からも銃声を一発。 自分の頭がよく爆ぜた。 君の頭にも一発。 君の頭はよく爆…

3か月前

「心のなかの悪魔」なんていないから

くるりの音楽は時折厄介すぎて自分の心の内側に気付かぬうちに形成されていた歪みや溜まった澱みを露にする。 見たくもない奥底の真実を突き付けてくる。 ここ最近でもっと…

3か月前

無言の返事

「ただいま」 母は死んでるのでもう答えない。 「おやすみ」 父も死んでるのでもう答えない。 生きているときから返事はなかった。 両親と入れ違うように喉の手術は成功し…

3か月前

いるいない人

 いない人を呼ぶのは不可能なのでいる人を呼んだ。  いない人が来た。  いない人はいなかったので「いないからね、僕は」と言った。 「いないですよね、あなたは」 「え…

3か月前