マガジンのカバー画像

子宮の詩が聴こえない【第一章】

10
ネットに蔓延るスピリチュアルの恐怖を描くフィクション。出版社に勤める黒田誠二は、育児に悩む妻まさみと不穏な日々を過ごしていた。ネットで見つけてきた怪しい人気ブロガーに急速に心酔し… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

子宮の詩が聴こえない1-①

■| 第1章 詩人の勧誘 ①「黒田家の日常」 聞き耳を立てるのが癖になっていた。 長時間の…

322

子宮の詩が聴こえない1-②

(①を読む) ■| 第1章 詩人の勧誘 ②「姉との電話」 マコを保育園へと自転車で送った…

200

子宮の詩が聴こえない1-③

(①を読む) (②を読む) ■| 第1章 詩人の勧誘 ③「たびマガジン編集部」 自宅から…

168

子宮の詩が聴こえない1-④

(始めから読む方はこちら) (③はこちら) ■| 第1章 詩人の勧誘 ④「セミナー会場」 …

163

子宮の詩が聴こえない1-⑤

(始めから読む) (④を読む) ■| 第1章 詩人の勧誘 ⑤「個人セッション」 うっとり…

169

子宮の詩が聴こえない1-⑥

(始めから読む) (⑤を読む) ■| 第1章 詩人の勧誘 ⑥「カフェでの遭遇」 小柄で若…

182

子宮の詩が聴こえない1-⑦

(始めから読む) (⑥を読む) ■| 第1章 詩人の勧誘 ⑦「ご招待」 古いジェスチャーだが、自分の頬をつねりたい。 まさみはそう思っていた。 子宮の詩を詠む会の祖である番長あき、大幹部のラッキー祝い子、その2人を超える人気のスピリチュアル系演歌歌手の鳩矢銀太郎……。 初めてのセミナーの帰り。憧れを抱いていたメンバーと鉢合わせたのだ。 そればかりか、美しさを称えられ、会話までしている。夢のようだ。 鳩矢の「心に闇を」との言葉を受け、番長が言った。 「何かあるなら話し

子宮の詩が聴こえない1-⑧

(始めから読む) (⑦を読む) ■| 第1章 詩人の勧誘 ⑧「譲れない」 西日のあたるリ…

189

子宮の詩が聴こえない1-⑨

(始めから読む) (⑧を読む) ■| 第1章 詩人の勧誘 ⑨「姉の指摘」 「いてえな!」…

176

子宮の詩が聴こえない1-⑩

(始めから読む) (⑨を読む) ■| 第1章 詩人の勧誘 ⑩「別離」 保育園に迎えに行く…

251