椋田裕生(ビンビールズ ナマハゲ)

マルカフェ文藝社発行総合文藝誌「棕櫚」における小説作家として活動。 ロックバンド『ビンビールズ』の歌とギター。打首獄門同好会の初代VJ。 ライフワークは作詞、作曲、ライブ演奏、歌詞翻訳、映像制作等。現在米国ジョージア州在住。

マルカフェ文藝社「別冊棕櫚2020(kindle版)」発刊

ここでは、おひさしぶりです。 毎回なにかしらの作品を寄稿されてもらっている表題の文芸誌「棕櫚」ですが、このたび「別冊」として電子書籍で新作が発行されました。いつ…

東京センチメンタル馬鹿野郎について

ここで、7月14日のイベント「夏のビ」に出演してもらう YKと東京センチメンタル馬鹿野郎 を紹介します。なにしろバンドユニットとしてはまだ出来たてで音源もアーテ…

少しでも気楽に英語で会話できるように二年住んで気付いたこと。③まずは君が落ち着け。母国語だって半分以上聴き取れないことが…

米国に移り住んで二年、英語会話について今更気付いた事を書き留めていくnote。 その③ まずは君が落ち着け。母国語だって半分以上聴き取れないことがあるぞ。 先日公…

少しでも気楽に英語で会話できるように二年住んで気付いたこと。②一桁の数字でさえも伝わらない悲しみ

アメリカに移り住んで二年、英語会話について今さら気が付いた事を書き留めていくnoteです。 その② 一桁の数字でさえも伝わらない悲しみ 外国語を習っていて数字ってま…

少しでも気楽に英語で会話できるように二年住んで気付いたこと。①声の響かせ方は歌うときの発声と似ている

アメリカに移り住んで二年ほど経った。日本にいたときから仕事で英語を使ってはいたものの、現地に住んでから初めて実感した事も多々あった。僕は音楽もやっているので、日…

アウシュビッツ、知りたかったら行けば良いよ。

ある人が最近「アウシュビッツは捏造だと思う」と発言し、それに対してポーランドにあるアウシュビッツ記念館が公式に忠告の返信をした件が話題になっていた。僕は2018…