新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

フラワーエッセンス&英国の旅と水のパターン

自然療法クプクプ 樋渡志のぶ

フラワーエッセンスを体系づけた英国の医師「エドワード・バッチ博士」(1886年~1936年)の誕生9月24日(土)に、祝生誕136年を兼ねた集いを開催します。

英国MountVernonバッチセンター2022年6月撮影

~・*~・*~・*~・*~・*

□ 日 時:9月24日(土)11時~15時(10時45分開場)
□ ガイド役:谷口みよ子先生、樋渡志のぶ
□ 場所:Cuccina yokoji 狛江市(小田急線喜多見駅徒歩約15分)
□ 会 費:5,500円(税・ランチ&お茶&デザート込)
□ 定 員: 12名様
□ オンライン:3,300円(税込) *後日配信はありません

申込フォーム

E-mail : kupukupu@air.nifty.jp
電話:090-8582-9292

申込内容:
 ①お名前
 ②当日連絡のつく電話番号

★申込後、1週間以内に下記口座確認後、予約完了です
  みずほ銀行 成城支店 普通 1108129 クプクプ ヒワタリシノブ
★クレジットカード 会場参加 オンライン
★キャンセルポリシー:ご予約3日前~当日100%

□ お持物:筆記用具
□ 主 催:クプクプ
□ 共 催:フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ
     フラワーレメディー・プログラム・ジャパン

今年は、英国のフラワーエッセンスメーカー「ヒーリングハーブス社」代表でもあり、植物学者、エドワード・バッチ研究家でもあるジュリアン・バーナード氏著作「バッチフラワーエッセンス 水のパターン」日本語訳本が発売されました。

今年は
●新刊「水のパターン
●「バッチフラワーを訪ねる旅2022年」

をテーマに、フラワーエッセンスへの核心を深める時間を共有します。
今年は、訳者でもある谷口みよ子さんと共に、今年6月、バッチ博士の足跡を辿る英国の旅に行ってまいりました。旅の様子は、谷口みよ子さんのサイト「バッチフラワー冒険の旅」シリーズで爽快に綴られていますので、お楽しみください。

ジュリアン・バーナード氏と、日本のフラワーエッセンスの発展を支えてきた谷口みよ子さん。16年ぶりとなる直接対面の感動秘話もお楽しみに。

WALESへようこそ!

場所は狛江の「イタリアンレストラン CUCCINA ITALIANA YOKOJI」。
光のさす広々とした空間で、野菜中心ランチ交流会付きの貴重な会です。

デザートには、バッチ博士も提唱していたローフード(非加熱、ベジタリアン)のチーズケーキを、日本リビングビューティー協会・ロー・ヴィーガン・プレミアム認定校(ジャカルタ校)代表の中野繁代さんにご用意して頂きました。

Covid19といち早く共生をはじめ、PCR、ワクチン接種の有無、マスクの着用をいち早く終焉させた英国。フラワーエッセンスでも、バッチ博士は既に100年前にワクチンについて医師として明確な文献を残しています。

ジュリアン・バーナード著、谷口みよ子さん訳の

エドワード・バッチ著作集 フラワーレメディーの真髄を探る(BAB出版)
バッチフラワーエッセンス 水のパターン(フレグランスジャーナル社)
バッチフラワー内なるエッセンス(フレグランスジャーナル社)
バッチのフラワーレメディー植物のかたちとはたらき(フラワーレメディー・プログラム・ジャパン)

への学びを深めながら、今この時代に役立てていく意味と実用性をとらえてゆきます。皆さまのご参加をお待ちしています。

↑フラワーエッセンスをこよなく愛し、経験豊かな「谷口みよ子さん」とオークの木の下で(2022年6月)

クプクプにても、1年半ぶりとなるフラワーエッセンスの実践コースを開始します。オンライン参加も可能です。
一緒にフラワーエッセンスを通して、自然界のを深めてまいりましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
自然療法クプクプ 樋渡志のぶ
自然療法サロン「クプクプ」主宰。 アロマセラピスト、フラワーエッセンス専門家、自然療法家。 自律神経バランス、婦人科(妊活、産前産後、骨盤、更年期)、手術前後、認知症、子供の不登校ケアなど、オンライン・サービスもスタートしました。 https://kupu92.tokyo/