備忘録「クラウゼヴィッツ "戦争論"」
見出し画像

備忘録「クラウゼヴィッツ "戦争論"」

画像1

「戦争は相手に我が意志を強要するために行う力の行使である。」

「戦争論」(第1編第1章2)


「目的とは、戦争によって達成しようとする戦争目的、すなわち政治的目的のことであり、目標とは、戦争において達成しようとする戦争目標 、すなわち軍事(作戦)目標のことである。」

「戦争論」(第8編第2章)


「戦術とは、戦闘における戦闘力の使用に関する規範であり、戦略とは、戦争目的を達成するための戦闘の使用に関する規範である。」

「戦争論」(第2編第1章)


クラウゼヴィッツは、戦争を支配する3つの要素をあげ、それらの絶妙のバランスを三位一体(a paradoxical trinity)と呼んだ。

①国民の「憎悪などの感情」
②軍隊の「戦争を遂行する上での能力や創造力」
③政府の「理性」






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鳴海邦彦 公式 / KUNIHIKO NARUMI OFFICIAL

宜しければサポートをお願い致します!

マジ卍で嬉しいです!
元参加型モータースポーツ専門誌副編集長。現在は昭和カルチャーの語り部、コラムニスト、フォトグラファー、モータースポーツマーケティングのスペシャリストとして活動中。https://www.instagram.com/kanetakamura/