温度あるやさしさ
見出し画像

温度あるやさしさ

マキタシホ

やさしさとは、温度である。
生きているモノがもつ温度。
温かい温度、冷たい温度。
どちらもやさしさである。

温かい温度は伝播する。

優しい人に出会うと、ぽかぽかした気持ちになる。
嬉しくなって、笑顔になって。
空気でふんわりと包まれるような心地がする。

心をほぐされて目をつぶったら、涙が出てくることさえある。
真っ赤になったほっぺたを涙がつたっていく。

いつの間にか、体中が温まって、やさしさに包まれている。

冷たい温度は、温かい温度が冷めてしまったものである。

悲しい時、辛い時、空気が冷たい時。
痛いような冷たさを感じて、心をギュッとしてしまうことがある。
柔らかさや温かさを知っているのに、身体も心も硬くなる。

そんな時はまた、温めたらいい。
美味しいごはん、手触りの良い毛布、聞きなれた音楽、懐かしい場所…大好きな人。

ぜんぶ、やさしさをまとっている。


本当は温かいのに、冷たく感じるやさしさもある。

そんな時は自分から温めてみるといい。
ツンとしている上司に、おすすめのコーヒーを差し入れしよう。
良いアドバイスをもらえるかも。
人見知りのおばちゃんには、地元の良いところを聞いてみよう。
喋りだしたら止まらない。
いつも優しい彼が冷たい時は絶対に理由がある。
怖くても、心のドアをノックして、彼の温度に触れてみよう。

きっと、温かい温度がそこにはある。


やさしさは、変化するものである。
厳しさや強さに変わったり、
意思のない空気のようになってしまったり。
儚く変化するものである。
まるで、温度のように。

いろんな形のやさしさが世界中に溢れている。
ヒトやモノが動くたび、やさしさも揺れ動く。

どこかで揺らいだやさしさが
今日もあなたに届きますように

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
マキタシホ

最後まで読んでいただけて嬉しいです。ありがとうございます^^サポートでいただいたお金では、新しい経験や美味しいものに使い、良いものは周りの人ともシェアしたいと思います!

わたしもスキです、ありがとう!
マキタシホ
コーヒースタンド店員と書く仕事、二足のわらじを履いています。一般社団法人オムスビの一員で、tomのライターです。写真を撮ることも好き。夫と息子と3人家族。お仕事実績はこちら:https://fori.io/shihomakita