KOUNO KOTARO

河野虎太郎 放送作家。人が喋る言葉を書く仕事を20年余。放送、通信などの場での営利を目的とし、企て及び売文に関与する、東京都在住の46歳の男。2020年、同人誌「雨は五分後にやんで 異人と同人Ⅱ」(ネコノス)で初の小説『黒船襲来!』を執筆。

Real. 2つのラジオ番組 -スナックと山笠と-

企画の時点で「やられた」と思った番組。 オンエアを聴いて「いいなぁ」と思った番組。 1週間で2つの番組に出会った。 ラジオ沖縄「スナック ラジオ沖縄」 当世の状況か…

寄り添うな、伴走せよ -2020.06.30-

正直、9年7ヶ月前のことばかり思い出している。 もう知らない人がいるかもしれないが、FMラジオ局が消えたのは2010年にもあった。 だから「またかよ」と「これから先も」が…

Monday.

初めての場所。 初めての仕事。 少しフワフワしながら、打ち合わせをして、指示を出すなど。 ランチを食べて待機。 いろんなニュースが飛び込んできて、溜息をついたりし…

謹告(宣伝)。

この5月から6月、2冊の本(ムック、書籍)に関わりました。 書籍の方は、初めての小説です。などと書くと、日頃小説に関わられている方が些か眉を潜めるかもしれませんが、…

平成のラジオ 〜外伝・ それは近所にあった〜(※お得情報付き)←情報は終了しました。

きっかけは、新型コロナウイルスだ。自宅でも検温をマメにと考えて、体温計を出したら、電池切れ。そう、ボタン電池だ。量販店、ネット通販、売り切れているという。こうい…

焼きおにぎりの最適解

久々のnoteで、書くことかという話なのですが。 長野朝日放送、という放送局があります。 あ、番組とかの話でなく、喫茶店。というか、カフェ。 局の1階にあるカフェのこ…