見出し画像

【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術

本noteでは特別区の採用試験で最も重要度が高いと言われる論文試験の書き方を、公務員を目指す方を応援するメディア運営5年目の私(赤ずきん)が丁寧に解説したnoteです。


画像1

私が運営しているメディアに寄せられる相談の中で、やはり多いのが「特別区の論文対策」に関する内容です。

実際に多くの人が抱えている悩みには、


論文に対してこんな悩みを持っている
・そもそも論文の書き方が分からない
・試験に合格できる論文の書き方を知りたい
・論文の書き方やコツを探しているけど良い物が見つからない


こんな風に感じている人ばかり。

これらの悩みに対して、私なりのノウハウ・知識を本noteに詰め込みました。

※正直、私以上に公務員を目指す受験生を応援するメディア運営を長く続けている・毎日更新しているブログは他にはないかと思います。本noteではその実績・経験を踏まえたデータによって執筆してあるので、希少価値は高めです。


画像2

本noteを読んでいるあなたは、特別区の職員を目指しており、「採用試験の競争に勝つことの大変さ、合格できる論文試験を書くことの難しさ」を実感していると思います。


「自分には才能がないから仕方ない・・・」


とか、感じてませんか?

断言します。


『才能は関係ありません』


多くの人が論文試験に苦手意識を持つ理由は明確にあります。

それは、「我流でただ何となく書いているから」

この一言に尽きます。実際、どんなテーマにも使える論文の書き方(コツ)が存在します。

苦手な人はそれを知らないだけなんですよね。


つまり、書き方のコツを知ってそのまま型に当てはめて書いてしまえば、苦手意識は変わってきます。


本noteには過去17年分の論文テーマの論点の整理の仕方と、実際に論文の模範解答を紹介しているので、そこから自然と書き方のコツやフレーズの引き出しが身につく内容となっています!


画像3

💡著者実績

本noteを活用して、1人でも多くの人が公務員試験に合格してもらえたら最高です!

本noteの実績

これまでのnoteが多くの方に手に取って頂いております。

購入時してくださった方、ありがとうございます🙇


そして、多くの方にスキをいただき、note公式から『先週もっともスキされた記事の1つ』として表彰されました!

この結果を励みに、これからも読者の方の力になれる記事、そしてnoteを執筆していきたいと思っております🙇


画像5

論文の書き方をマスターするとこんな未来が待っています。


論文の書き方を知って手に入る未来
①周りの受験者から一歩抜け出した論文が書ける
②論文試験に対する苦手意識を無くすことが出来る
③高いウェイトを占める論文試験で点数を稼ぐことが出来る


これらを簡単に実現出来るのであれば、めちゃくちゃ良くないですか?

本当にこれらを実現できるのが、特別区に特化した論文解析術になります!


論文はまずは論点を整理する

論文に苦手意識がある人ほど「論点がブレている」という傾向があります。

たとえば令和3年度に出題された「区民ニーズに即した魅力的な公共施設のあり方」というテーマで書くべき論点は次の通りです。


①特別区において転出超過の現状について
②公共施設の多くが老朽化
③これによって生じる課題、および現在の公共施設の課題
④課題を解決するために特別区の職員として出来ること


どうですか?こうやって論点の問題文を紐解いていくだけで、1ランクレベルの高い論文が書ける気がしませんか?

今回のnoteでは、こんな感じで過去19年分の論文の出題文の紐解きを行い、実際の模範論文を紹介していきます。

ナント!文字数にして、61,000文字以上のハイボリュームで最強の論文模範回答をお届けします。

本noteを最大限活用することで、論文スキルのレベルは格段に上がりますよ!


画像6

⚠️note購入時の注意点
・誰でも合格できる系のnoteではありません
・コツを思考停止で使っても効果は薄いです
・特別区の面接対策noteとのセット販売があります(1,000円お得)
【特別区セット割引】面接スーパー模範解答&論文解析術

⚠️特別区Ⅲ類の作文攻略法が知りたい方はこちら
【特別区3類の作文攻略法】構成は3ステップ!型を覚えるだけでスラスラ書ける!


本気で特別区の採用試験に合格したいガチ勢の方に私の本気を込めたnoteを届けたいと思い作成したものなので、ご理解よろしくお願いいたします!

これを読んだとしても、実際にあなたが真剣に考えて行動しない限り、論文がスラスラ書けるようにはなりません。

そもそも競争率の高い特別区の採用試験に合格することはそんなに甘いものでは無いので、その点をご理解の上、ご購入ください。

ただ、私は論文試験が実施される自治体の試験をすべて合格してきた実績があるのもまた事実です。


画像7

本noteは『4,980円』で販売しております。

最初は7,980円でも良いかなとも考えてました。

何故なら論文試験に関して悩んでいる人ばかりであり、他の方の論文対策マニュアルが7,980円だったので。

また、『競争率の高い特別区の採用試験を勝ち抜けるテクニックであり、過去17年分のテーマを解析し、模範回答も紹介しているので、それだけの価値は十分にあるのでは?』とも考えてました。


しかし、やはり7,980円だと手にするのにハードルが高い人が多いのではないでしょうか。

なので、悩んでいる人が1人でも多く悩みを解決して特別区の採用試験の合格に繋がるよう、4,980円での販売とします。


※この金額は現段階の価格です。今後、アップデートを行った際には価格を変更することがあります。


論文試験の悩みから解放されて、どんなテーマでもスラスラ書けるようになりたい人は、ぜひこの『絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術』を手に取ってみてください。


画像8

このnoteが役立つ人
・そもそも論文の書き方が分からない人
・試験に合格できる論文の書き方を知りたい人
・論文の書き方やコツを探しているけど良い物が見つからない人


今回のnoteは月間PV6桁のメディアを運営する私が、「論文出題文の解析術」と「特別区過去17年分の論文の模範回答」を惜しげもなく公開した内容となっています。

もしあなたが、


・第一志望は特別区じゃない
・論文の書き方なんてすでに知っている
・特別区の採用試験は記念受験のようなもの


このようにお考えでしたら、本noteはお役に立てないでしょう。

しかし、


・本気で特別区の試験に合格したい!
・出題文を読み解き、論文の書き方をマスターしたい!
・論文試験の悩みから解放されてやるべきことに集中したい!


とお考えであれば、十分にお役に立てる内容かと思います。

本noteを手に取ってもらい、1人でも多くの方が特別区の論文試験の悩みから解放してもらえれば、私も最高です!

それでは、【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術をお楽しみください。

嬉しい報告をお待ちしています!


画像14

更新情報
・2022年1月9日:note公開
・2023年9月27日:note追記
私のnoteアカウントをフォローすると加筆更新にすぐ気づけます


お知らせ

特別区2点セット割引

特別区の面接対策noteとのセット販売あります(1,000円OFF)
【特別区セット割引】面接スーパー模範解答&論文解析術


以下、本編です。


まずは論文の基本原則をおさらい

論文の基本を知らない方のために、まずは基本原則をおさらいしましょう。

論文の基本的な構成は以下になります。


図解01


論文の構成を組み立てて書きましょう。

と言うと、


「構成とか組み立て方とかどうすればいいか分からないんだけど・・・」


という方もいるかもですが、心配ありません!

本noteで紹介している模範論文を読んでいくと、自然に論文の構成が理解できるようになっています!


そして、論文の構成のほかに大事なポイントがあと2点あるのですが、それは、次の通り。


図解02


少し難しく感じるかもですが、データの入れ方や特別区が行っている施策の盛り込み方も模範論文を読むことで自然と身につくようになっているので、参考にしてみてくださいね。

それでは、さっそく実際に特別区の論文試験で出題されたテーマをもとに、テーマの解析と模範論文を見ていきましょう!

2023年(令和5年度)の論文テーマと解析

テーマ①:若年層に伝わりやすい行政情報の発信について
スマートフォン等の情報通信機器の普及に伴い、区民生活のデジタル化が進む中で、行政の情報発信のあり方にも変化が求められています。
特別区においても、デジタルデバイドの解消を推進する一方で、今後の社会の担い手となる、10代・20代を中心とした若年層について、その情報収集手段や価値観、生活環境を理解した上で情報発信を行う必要があります。また、行政活動である以上、効果検証や継続性の視点も重要です。
このような状況を踏まえ、若年層に伝わりやすい行政情報の発信について、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

近年、デジタルデバイスについてや、SNSの利用とか影響については、特別区はもちろん、全国の市町村の採用試験で非常に頻出のテーマとなっています。

なので、こういったテーマについては今後も数年間、出題される可能性が高いので絶対に準備しておきたいところですね。


💡まずは論点を整理する

① 区民生活のデジタル化が進む中で、行政の情報発信のあり方にも変化が求められている
② 若年層を理解した上で情報発信をしなければならない
③ 若年層に伝わりやすい行政情報の発信のために、特別区職員としてどのように取り組むべきか

上記を順番に、そして丁寧に書いていけば自然と完成度の高い論文になります。

書き方の手順は以下の回答例を参考にしてみてください。

🔑模範論文内の太字は他のテーマでも使いまわせる「鉄板のフレーズ」なので、ぜひ引き出しとして使えるよう暗記しておきましょう!

📌模範論文
特別区においても、情報通信機器の普及により、デジタル社会が急速に進展しています。この状況下で、行政の情報発信は新たなアプローチが求められています。特に、若年層である10代・20代の市民に対する情報発信は、将来の社会を担う重要な要素です。この論文では、若年層に伝わりやすい行政情報の発信に焦点を当て、特別区職員がどのように取り組むべきかについて論じます。
まず、デジタルデバイドの解消が必要です。デジタルデバイドとは、情報通信技術を活用できる能力や機会に差がある現象を指します。特別区は、情報通信機器へのアクセスを広げ、デジタルリテラシーの向上を支援する取り組みを強化すべきです。そのためには、無料のワークショップやデジタルスキル向上のプログラムを提供し、若年層のデジタル能力を高めます。
以上を踏まえた上で、若年層に対する情報発信において、新たなアプローチ、戦略について考えてみます。
第一に、ソーシャルメディア活用です。若者の多くがソーシャルメディアを利用しており、行政もこれを積極的に活用すべきです。情報は短く簡潔にまとめ、ビジュアルコンテンツを活用することで、情報が魅力的に伝わりやすくなります。
第二に、インフルエンサーとの協力です。インターネット界隈で多大な影響力を持つインフルエンサーや有名人と連携し、行政のメッセージを広めることが有効です。若者に人気のある個人やコミュニティを活用することで、情報が共感されやすくなります。
第三に、対話型コンテンツです。ワークショップやオンラインイベントを通じて、若者との対話を促進します。若者の関心事や提案に応え、市民参加型のプロジェクトを展開することで、情報発信の双方向性を高めます。
ここまで対策について考えてみましたが、行政情報の効果検証と継続的な評価は不可欠です。そこで注意点についても考えてみます。
まず、情報発信の成果を定量的に評価するためにデータ分析を活用します。若者の反応や参加率を追跡し、情報戦略の修正に役立てます。
また、定期的なアンケート調査やフィードバックを収集し、市民の声に耳を傾けます。情報発信戦略を改善し、若者へのアプローチを最適化します。
さらに、一度きりの取り組みではなく、持続的な情報発信活動を継続します。若者が情報発信の信頼性と継続けられる性格を評価するために、一定の頻度で情報提供を行います。
このように、特別区の若年層への情報発信戦略は、デジタル時代の特殊性を考慮し、新たなアプローチが求められます。デジタルデバイドの解消、ソーシャルメディア活用、インフルエンサーとの協力、対話型コンテンツの提供など、多角的な戦略が必要です。また、効果検証と継続的な評価を通じて、戦略の最適化を図ります。特別区は、若年層とのコミュニケーションを通じて、地域社会の発展と市民の満足度向上に貢献するでしょう。(1180文字)


テーマ②:人口減少下における人材活用について
我が国では、少子化を背景とした人口の減少傾向や、高齢化の更なる進展等による経済社会への影響が懸念されている中で、社会経済活動の維持に向けた新たな人材の確保という課題が生じています。こうした課題に対して、特別区では少子化対策等の長期的な取組に加え、当面の生産年齢人口の減少に伴う地域活動の担い手不足の解消等の対策が早急に求められています。
このような状況を踏まえ、人口減少下における人材活用について、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

💡まずは論点を整理する

① 我が国では、少子高齢化による経済社会への影響が懸念されている
② 新たな人材の確保という課題が生じている
③ 地域活動の担い手不足の解決を早急に求められている
④ 以上について、特別区の職員としてどのように取り組むべきか

続きをみるには

残り 56,098字 / 3画像
この記事のみ ¥ 4,980

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?