ベンチ

想い出

かつて過ごしたその場所を、誰もいないと知りながら、何故か横目で覗くのは、目線の先のその場所がきっと記憶の塊だから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ただただ、ありがとう。
言葉が変われば世界が変わる。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。