【ピアノが目的じゃない】ピアノ教室
見出し画像

【ピアノが目的じゃない】ピアノ教室

音楽家 野口幸太

ピアノ教室歴10年目にして強く思うこと。

ピアノを弾くこと、習うこと、教えることは、手段に過ぎない。

これを通して、本来の自分を見つけ出す。

そして、自分の人生を開花させていく。そのお手伝いの場。


背負ってるものが少ない子供達の急速な変化は、日々、目の当たりにしてる。

でも、仕事をもって、生活背負っている大人は、子供のようにスピーディーにはいかない。

・・・・はずだった、、、

これは、一年前、緊張の大汗をかきながら、僕の教室を訪れてきてくれた、30歳の生徒さんの動画。


めっちゃ不器用で、壁にしかぶつかってないけど、それでもちゃんと心に楽しいを灯して生きてる姿を見せている動画。

彼の失敗は、僕の失敗。だから全力で応援する。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい!
音楽家 野口幸太
【音楽で社会と繋がる】ピアニスト、音楽教育家|武蔵野音楽大学・大学院終了|世界的オペラ歌手Eオブラスツォワと共演 | ピアノ教室運営 | 特別支援教育(音楽)に携わり14年 | 音楽イベント企画多数|これまでの常識の枠内にハメ込んだ音楽教育では社会的なニーズを果たせない。