見出し画像

展示アーカイブ「惑星発見器展」

コセコトモユキ

自身が京都で開発したオプティカルトイをコンテンツ面からリサーチし、まとめた展示


2022年4月22日から30日にかけて、京都FabCafe Kyotoカウンターポイントプログラムの一環で「惑星発見器展」を開催しました。惑星発見器についてはこちら

惑星発見器そのものや、惑星発見器で採集した架空の惑星とそのリサーチ、そしてその開発プロセスを公開しました。

入口すぐに現れるメインテーブル。ポラロイド風に印刷された惑星たちがお出迎え
空中に漂う惑星発見器。風に揺られてくるくると回る
入って右、窓側には惑星発見器が生まれるプロセスが展示されている

①惑星発見器について

惑星発見器をいくつか配置し、実際に体験できるコーナーを設置しました。惑星発見器をどかしてみると、どこかで見たような素材が現れます。多くの人が惑星発見器を覗く姿が見られました。

様々なものの上に乗せられた惑星発見器
惑星発見器を取り上げると、水色の湯呑みの模様だったことがわかる
年輪が惑星の模様に見立てられる

② 惑星採集計画

惑星発見器で採集した架空の惑星を標本のように展示し、その使用法のリサーチを公開しました。自宅での採集からはじめ、キズヨゴレが面白いと気づきました。普段はネガティブなキズやヨゴレでも、惑星発見器によってその美術性が浮かび上がる点に着目しました。また、工房での採集を通じて、工房の痕跡から現場のストーリーを浮かび上がらせたりと、惑星発見器がもつさまざまな機能を明らかにしました。

採集した架空の惑星をテーマ別にまとめた
江ノ島は貝の造形が特徴的
下にはパネルが。惑星発見器をかざす前の状態が写真で見られる
また、採集のレポートを読むことができる

③ 惑星発見器の開発プロセス

ここでは惑星発見器に至るまでのプロセスを公開しました。元々のアートブック出版でのコンセプトや、アートブックでのデジタルアートワークを半立体作品にしたり、プロトタイプを展示し、紙もの作品の作者が光学玩具の開発に至るまでを綴っています。

過去から未来(プレイブックとクラウドファンディング)へと、時系列にまとめた
開発のプロセスを文章で細かく記述
「おいしい惑星」アートワークの半立体化

2022.4.22 オープニングトーク

22日の夜はオープニングトークとして、展示の解説とともに、リサーチによって解明した惑星発見器の特性を発表しました。(聞き手:浦野奈美さん)

展示ツアーをしながら、キャプションに乗らない裏話も話しました

クラウドファンディング継続中

5月31日まで、惑星発見器・プレイブックのクラウドファンディングを継続して行っています。応援どうぞよろしくお願いします!

クラウドファンディング・
身近なものが惑星に見えてくる「惑星発見器」+ プレイブック出版プロジェクト

https://camp-fire.jp/projects/view/545273

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コセコトモユキ
擬態デザイン家。身の周りにあるデザインの中から擬態をクリエイトしています。 公式サイト:https://koseko.asia  作家ショップ:https://koseko.stores.jp