おうち時間という日常。

コロナの影響で、家で過ごす時間が見直されています。


アクティブな人にとっては、ずっと家にいる時間がしんどいという声も聞こえてきます。

しかし普段インドアな自分にとっては、休みの日は家の時間の方が長く、改めて外出を自粛しろと言われても「それ日常だよ?」って(笑)

家にいることなら任せてくれ!

と言わんばかりの気持ちでした(笑)


しかし、コロナとの戦いはきっと長期戦。

それにこれだけの騒ぎになれば、年単位の戦いになることも視野に入れないといけない。


数週間、数ヶ月なら乗り切れても、

そうとなれば自宅慣れっこの自分でもさすがに過ごし方を考えていかないと、好きなことだけしてじっと自粛をするだけでは、気持ちに張りがなくなり精神的にしんどくなってくる時期が、どこかの時点で来ると思います。

かつてニート経験もある自分ですが、同じ過ごし方で刺激のない生活を繰り返していると、

「何やってんだろう…」

と、少しずつ自分を責める方向へ落ちていきやすい。

ただでさえ、コロナが拡大しているという大きな不安のある状況下。


だからこそ、

長期戦を見据えて

自分の身体、そして心を健康に保ち続けるために

家での過ごし方を工夫しよう


ということなんだと解釈しました。


家に留まることの大きな点は、

とにかく時間がたくさんある


ということ。

今はSNSや動画サイト等で、その「たくさんある時間」を共有できる時代。

このタグでも、それぞれ色々な家での過ごし方を紹介し合ったりしていますが、その共有し共感していく中で、

自分は時間をどう使いたいのか


を、ゆっくり探っていくことが重要なのかなと思います。


個人的には具体策はこれから考えていこうと思いますが、今やってみたいのは

オンライン飲み会

です。

これを実際に行いオススメするツイートも見かけましたが、自宅で飲みながら喋りながら、終わったらすぐ寝られるし、何しても自由…

単純にめっちゃよくね!?

って思ったのが理由です。

残念ながら相手はいませんがね…(苦笑)



この情勢を機に、

「人と対面で会うことが大事」

という価値観から

「オンラインのコミュニケーションがとても便利で円滑であることが評価される」

時代に変わっていくんでしょうね。


オンライン飲み会もそうだけど、新しいコミュニケーション方法による楽しみ方は、なんだか無限の可能性を感じますね。

奇しくもコロナがきっかけで、リモート社会が広がっていきそう。それで世の中うまく回るなら、さらに人間の負担が減るなら全然良いことだと思います。 

世の中の一つの大きな価値観が変わるのを目の当たりにする瞬間が近いうちに来るのかも知れません。

コロナの動向とともに、世界がどう変わるのかも気になる所です。


少し逸れましたが結論としてはやはり、

感染が落ち着くまでの今の間だけは、どんな過ごし方でも良いからしっかりStay Home!


ということですね。




#おうち時間を工夫で楽しく

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
ブログ的に始めます。よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。