会社を辞めプログラミングを学び始めて3ヶ月経ったので振り返ってみる 後編
見出し画像

会社を辞めプログラミングを学び始めて3ヶ月経ったので振り返ってみる 後編

前編の続きです。
プログラミングを本格的に始めて2、3ヶ月目の過程です。

PHPを学ぶ

HTML、CSS、JavaScriptを一通り学び、次にサーバサイドの言語PHPを学びはじめました。はじめは書き方に違和感がありましたが、書いていくうちに段々、3日目頃には慣れてきました。JavaScriptを必死にやってきてたので、その時の勘所やエラーの対処方法が他の言語でも生きてる気がしました。PHPとMySQLで作った作品がこちらです。


初めてのサービスをローンチする

PHP最後の課題は、前回のJavaScript同様、ハッカソンで今まで学習してきたPHPの集大成を作るものです。
そこで今回は作ったサービスをローンチまでしようと決めて作りました。ローンチの体験を早くする事で、プログラミング以外にも、規約関連やセキュリティ、UI・UX、サービスの作りこみに真剣に向き合え、多くの学びが得られると思ったからです。
その時に作ったサービスがこちらです。
GoogleMapのストリートビューを投稿出来るインスタのようなSNSです。
サービス名は StreetView Shot を略してStosho にしました。

これ開発期間1週間だったんですが、多分この時も食事、睡眠以外は全てこのプロダクト制作に当てて、1日16〜18時間ぐらいやってたと思います。
この時のモチベーションは絶対にローンチして、学校のみんなをあっと驚かそうという気持ちで、苦しい時間も乗り越える事が出来ました。
結果、学内ハッカソンでは2位を受賞することが出来ました。

こちらはWebサイト公開してるので良かったら使ってみて下さい。
ここまででプログラミング本格的に始めて2ヶ月です。


この続きをみるには

この続き: 2,804文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

ARTS

月額500円

日々思うこと、学んだこと、気づいたことを書いていきます。 テーマは主にアート、プログラミング、デザイン、コーチングなどその時興味があるもの…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい