きく@ビビリのシンママ×地方移住

流されまくって生きてきたら出産後生死をさまよい心身ともにどん底→食生活、自分と向き合うことの大切さを実感|子どもと自分がのびのび生きるため、ビビりなのに教育移住してしまったシンママ|元医療従事者|健康であれば人生何とかなると実感中|半農半xを目指し、日々開墾、田舎暮らし実践

きく@ビビリのシンママ×地方移住

流されまくって生きてきたら出産後生死をさまよい心身ともにどん底→食生活、自分と向き合うことの大切さを実感|子どもと自分がのびのび生きるため、ビビりなのに教育移住してしまったシンママ|元医療従事者|健康であれば人生何とかなると実感中|半農半xを目指し、日々開墾、田舎暮らし実践

    マガジン

    • 今日のごはん

      移住してきて、日々の料理を再開。体にやさしいものを紹介しながら、献立のせています。今日のご飯の参考にどうぞ。

    • 私が教育移住を決めた3つの訳と移住先の学校

      コロナ禍試行錯誤し、子どもの小学校入学をきっかけに、自然の中でのびのびと子育てができる教育環境を求め、長野県伊那市へ移住を決意。決意のきっかけ、実際に移住するまでの出来事、移住してからの学校、子育て情報をまとめてあります。

    • 伊那谷で生きていく

      伊那谷移住しての発見やこんなところあるよ!という情報載せていきます。これからどんな発見があるかな。

    • 人を育てる自然保育

      子どもの発達を大事にしたさくらさくらんぼ保育で学んだこと、記録等を書いていきます。

    最近の記事

    固定された記事

    子どもに選択肢が見える力を。-マザーズコーチングスクールのご案内-

    子育ては親育て-マザーズコーチング-コロナ禍、激動の時代に子育てを踏ん張るお母さんや子どもたちへエールを、やさしさを。 悩み、思いは口に出すことで、一歩踏み出せます。 今がどうであったとしても、自分はどうしていきたいのかを考えることが大事だと、わたしはカウンセリングやコーチングを受けて感じました。 出産直後離婚で低かった自己肯定感がさらに低くなり、子育てをしていくのに不安しかない日々を送っていました。 周りを見ては、みんなが素敵なお母さんに見えて「あんなお母さんになり

    スキ
    58
      • 地方移住ライターきくのポートフォリオ

        こんにちは、地方移住ライターのきくです。 現在、非正規勤務+ライターとして週5で働いています。 以下にこれまでの経歴や実績などについてまとめました。 お仕事をご依頼いただく際の参考にしていただければ幸いです。 ■経歴1980年代生まれ、千葉県出身。長野県在住。一児を育てるシングルマザー。 国立大学医学部卒業後、市立病院に臨床検査技師として就職。その後、健康診断施設での経験を経て、2022年より現職。今は医療から離れ、地方で食品を扱う仕事に勤務。 出産直前に生死をさまよう疾患

        スキ
        33
        • 西村自然農園レポ-食べ物を自らの手で作る場所-

          梅雨真っ只中、熱中症の心配もなかった6月。 自給自足を模索し始めてからずっと行きたいと思っていた西村自然農園さんを訪れました。 西村自然農園とは?西村自然農園は愛知県豊田市小原にある、中部地方で知る人ぞ知る自然体験の先駆け農園です。 つながりやギフトでのやり取りを大事にする名古屋市の徳林寺マルシェで、わたしは出店されていた西村ご夫妻に出逢いました。 自然体験を提供しながら、時折マルシェに出店し野菜や梅干し、ジャムを販売し生活する姿に、あの日強いあこがれを感じたことを覚え

          スキ
          26
          • 所用で名古屋に戻ったのですが。 すでに山が、緑が恋しい… そして暑いです。伊那谷にいても熱中症になったのに、名古屋は車降りて3秒でやばい。

            スキ
            13

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 今日のごはん
            きく@ビビリのシンママ×地方移住
          • 私が教育移住を決めた3つの訳と移住先の学校
            きく@ビビリのシンママ×地方移住
          • 伊那谷で生きていく
            きく@ビビリのシンママ×地方移住
          • 人を育てる自然保育
            きく@ビビリのシンママ×地方移住

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            伊那谷移住をして3ヶ月-ものかきキャンプにチャレンジ-

            note開始2周年の今日は、宣言移住してから「なんて忙しいのか!」と思っていたのですが、振り返ると移住前から忙しかったです… ただ、この間体調を崩してみて、「何でここに来たのか」を苦しみながら自問自答していました。 自分の人生 最初は「教育移住」でした。 ただ、伊那谷の方と交流する中で印象的だったのが「親が子どもの人生生きてるわけじゃない。自分の人生を生きないとね」という同じお母さんのことばでした。 今は子どもに割く時間も当然必要。 でも長い人生、いつか巣立つ息子

            スキ
            31

            今日のごはん 5/23

            買い物も友との交流 先日、名古屋生活クラブの商品が届きました。 やっと慣れてきた発注と到着のペース。 これからは週一で届く安心感。 基本はここで全て買うので(お米も調味料も)、買い物は行かなくていい。 ただ、最近買い物に行くと必ず息子の友だち(になれたかな?)に会うので、買い物には行きたい気持ちもありますが。 今日のごはん我が家はもっぱら揚げないからあげ。 今日は今朝から醤油:酒=1:1に浸けておいて、小麦粉まぶし、フライパンで揚げ焼きにしたからあげです。 カリッカリ

            スキ
            18

            今日のごはん 5/9

            庭からよもぎが出てきました。 ふきも出てきました。 たけのこもいつのまにか大きくてびっくり。 待ち遠しくなりながら、今日はよもぎを摘んでよもぎ団子に初挑戦。 と思いきや、意外と水にさらすのに時間がかかり、おやつ団子は明日の楽しみ。 お昼は久々のミートパスタ。 おやつにフレンチトースト。 そして、夕飯は 息子が釣ってきたお魚は、マス! 川釣りではなく、釣り堀です。 おなかがすいたマスさんばかりで開始数秒で釣れるという初心者向き。 そして、料理に興味津々な息子が切って

            スキ
            12

            やっぱり富士山いいですね。今日金時山登山したのですが、山頂からは見えず。帰りの高速からの一枚。前回は雪、霧、雨の上、泥まみれの登山で山頂見えなかったので今回リベンジでしたが「また来てね」ということなのかな。新緑に癒されました。再チャレンジに向けて親子ともども鍛える予定。

            スキ
            16

            「美味しい」をありがとう 4/26

            子育てにおける食について試行錯誤中のきくです。 不定期で新マガジンスタート。 我が家の食品は基本、名古屋生活クラブ。 足りないものをCO-OPや産直市場で購入しています。 そんな食の豆知識+今日の夕ごはんのヒントにしてもらえたら。 名古屋生活クラブとは生活クラブと検索すると津々浦々の生活クラブが出てきますが、健康オタクの母から勧められたのは絶対ココ!! 【名古屋生活クラブ】 (nagoyaseikatsuclub.com) そして、半分あきらめていたのですがなん

            スキ
            15

            子どもが育つプレパーク

            高遠ポレポレの丘 高遠ポレポレの丘のお祭りに行ってきました。 着いたらいきなり、駐車場にのビンゴちゃんがいてびっくり。 車を停めたまま息子と二人呆然と見てしまいました。 その後、プレーパークの中を散策したのですが、度々ビンゴちゃんに出くわし更にびっくり。 お店もちらほら出ていました。着物か大漁旗がをリメイクして着てる方がたくさんいて、すごく素敵でした。 皆さん繋がりがあるようであちらこちらで集まりながらお話ししながら音楽を聴いていました。 音楽をゆったりと聞いて

            スキ
            15

            1年生の授業 移住先の学校③

            宿題多いですよ!にビビッて入学自然の中でゆったりのんびりを期待していたら、学校に伺った時に「うちは宿題多めですよ」と言われ、正直「できなかったらしかたないか」とも思ってました。 毎日坂道を30分以上かけて帰ってくるのだから。それだけで十分。ただ、まじめな息子が泣きながら宿題をする姿が目に浮かぶけど… いざ、学校が始まってみると、確かに毎日宿題が出るものの、今日は「あ」の文字のページを書いてこよう!や音読(5~6行)をしてこよう!など、息子はニコニコ「今日はこう書いてね、花

            スキ
            23

            少人数学級だからこそ学べる 移住先の学校②

            今回は私が移住を決めた小学校について書いていきます。 私が教育移住を決めた訳のの他のマガジンでも載せましたが、きっかけは小学校の統廃合問題。 少人数だから統合する予定の小学校が、既に少人数じゃないらしい なかなか自分が出せない息子にとって、少人数学級である小学校は安心できる場所でした。しかし、名古屋市の方針により統廃合が決定。もし移住をしなかったら、2年後統合し、30人学級のいわゆる普通の学校に通うことになっていました。 しかもここにきて驚きの事実。なんとその統合予定

            スキ
            17

            命を守る 移住先の学校①

            200日連続で記事を書いていたときからはや1ヶ月。 環境の変化にやっと身体が馴染んできたような、まだ馴染まないような。 息子は小学生になるnoteを連続投稿しはじめたのは、移住の記事を書きたかったから。 その思いに立ち返って、今日は移住先の入学式のこと。 数名の小さい一年生たちを迎える全校生徒。 体育館内なのに、ソーシャルディスタンスがしっかり確保できるほどの人数しかいません。 コロナ禍でなくても、前の地区の入学式では新一年生を迎えるのは六年生だけでした。 二年

            スキ
            18

            最近呟きしかしてない裏でライターデビュー。クラウドワークスってすごくはやく返事が来るんですね。自分の文章を受け取ってもらえることが嬉しい。そして、集中して書いてたら、ピンポーン!とインターホン。アスパラを持ったおばあちゃんが玄関に立ってました。田舎暮らしのありがたみ実感中。

            スキ
            9

            引っ越しが思ったより大変。引っ越しは何回もしたけど、今回は空き家にしてた期間が長くて。しかも、昨日はTシャツで過ごしたのに今朝は雪。桜はまだ遠い。空家バンク、周り人の暖かさ、引っ越しの大混乱、でも気持ちいい環境。書きたいことはいっぱい。とりあえず、雪とたわむれる息子は元気。

            スキ
            15

            卒園式は暑いくらいで、引っ越してきたら雪の中。改めて手続きするとつまずくことが多くてしんどくなるけど、今までのところなら働くことも育てることも生きることもできなかった。大丈夫。「普通」という人に分かってもらわなくても良いじゃない。ゆっくり自分を生きていこう。私も息子も無理しない。

            スキ
            14