男と女の釣り合い考──「女のつらさ」と「イージーモード」

 2/14追記 本文を基本的に無料で公開してるのはサービス精神なわけですが、論への批判ではなく、「無料部分が長すぎて疲れた」とかいうわけのわからんいちゃもんを見かけて不快になったので、以後有料にします。尚、かつての有料部分にあったおまけ文章は削除し、すでに購入していただいた方しか読めなくしました。購入された方は「購入した記事」からアーカイブを読むことができるのでご安心ください。

 この記事が刺さりすぎてしまった当事者と思われる人の感想を置いておきます。本稿は、ある種の人にとってはかなりのダメージを受ける可能性があります。心して読んでください。

この続きをみるには

この続き:9,245文字

男と女の釣り合い考──「女のつらさ」と「イージーモード」

琥珀色

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

216
Twitterの琥珀色は引退しました

この記事が入っているマガジン

コメント1件

概ね賛成というか、そういう見方もあるなあと思いますが、以下については考え中…

・異性からの評価格差がそれほど自明なのか(評価格差が明確な恋愛市場・婚活市場のプレイヤーが何割あるのか)
・対等な階層で惚れた弱みになってるだけのこともあるのでは
・男女で評価層の構成比率が違うのでは
・加齢によって、評価階層の移動がありそう
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。