見出し画像

04 自分自身を受け入れる〜劣等感とその補償

みなさん、こんにちは。
アドラーオンラインの向後です。

第4回目は、劣等感とその補償について話しています。

PDFのスライド資料を印刷しておくとノートをとるのに便利です。
17+17=34分の長さです。
以下のような内容です。

・劣等感と劣等コンプレックス
・随伴的な自尊心/本来の自尊心
・自己防衛
・自己概念と自己理想

質問、感想などありましたらコメントしてください。

ビデオ前半です。

この続きをみるには

この続き:99文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

アドラー心理学オンライン講座「アドラーオンライン」の有料版です。6ヶ月をかけてコンテンツを配信していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご愛読ありがとうございます。もしお気に召しましたらマガジン「ちはるのファーストコンタクト」をご購読ください。

私もスキです!
9
早稲田大学人間科学学術院教授。博士(教育学)(東京学芸大学)。専門は、教育工学、教育心理学、インストラクショナルデザイン、アドラー心理学。ちはる塾主宰:http://cricenter.wordpress.com/

コメント2件

自分らしくあることが分かっているのも苦しいときはあります。自己理想が社会的な少数派になっているからではないかと思います。たぶんそれは、劣等感コンプレックスかしら…随伴的な自尊心と本来の自尊心の境目はスペクトラムではないでしょうか。図のように明確な印象ではないと思いました。
MAKOさん、コメントありがとうございます。次回のビデオで取り上げさせていただきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。