note表紙

コーチングとは何か図説してみた

こんにちは。THE GUILDのこばかなです。デザイナーとかをやっています。

最近コーチングを習得したのですが、とても面白いので布教もかねて説明してみたいと思います。

※ コーチングにはさまざまな定義ややり方があります。この記事に関しては私個人の解釈であるという前提で読み進めてください。

追記:コーチングを学びたい方へ

THE COACH Academyというコーチングスクールを開講しました。私がカリキュラム開発/講師をしています。無料説明会に是非お越しください!

コーチングって何?

コーチングの定義は人によってさまざまですが、私はいつも「行動を促すためのコミュニケーション」であると説明しています。

クライアント(コーチングを受ける人)にとってコーチングの目的は「前に進むこと」になります。そのためにコーチはクライアントの行動を促進します。

画像1

行動を促すってどういうこと?

コーチはクライアントにさまざまな質問をすることで、クライアントに気づきを与えながら思考を整理していきます。やり方もさまざまですが、私の場合はクライアントと1対1で1〜2時間ほどカフェで話すことが多いです。

画像2

コーチと聞くとスポーツの指導者を思い浮かべますが、コーチングでは答えはすべてクライアントの中にあるという前提に立ちます。そのためコーチがクライアントに何かを教えたり誘導することはありません(知識が必要な場合はティーチングやコンサルティングが適しています)

つまりクライアントの本当の気持ちを引き出して、気づきを与え、前に進むことをサポートするのがコーチの役割というわけです。

▼ここまでのまとめ
・コーチングとは「行動を促すコミュニケーション」のことである。
・コーチが質問することで、クライアントの中にある答えを引き出す。
・コーチングを受けると前に進める。

どんなテーマで話すの?

コーチングは私生活からビジネスまで幅広いジャンルに対応できる技術です。(コーチによってテーマを限定している場合も多いです)

コーチングの効果は最終的にクライアントの意志に委ねられるので、自分が心の底から取り組みたいと思っていることをテーマにするのが良いです。

▼テーマ例
・将来の目標がわからない(キャリア)
・転職や起業しようか迷っている(キャリア)
・意思決定に迷いがある(経営者/ビジネス)
・英語ができるようになりたい(スキル向上)
・痩せて健康的になりたい(生活習慣)
・部下とのコミュニケーションを円滑にしたい(人間関係)
・彼氏と別れるか迷っている(恋愛)
※ コーチングは心身が健康な人が前進するためのコミュニケーションです。心身に不調がある場合は通院やカウンセリングなどのアプローチをオススメしています。

コーチングを受けるとどうなるの?

コーチングの効果は行動が変わることです。それによって人生が前に進みます。仕組みとしては下記の通りです。

画像3

目標が明確になり、その目標達成するためにどんな行動をすればいいのかわかるようになるため、通常よりもより早い時間で高い目標を達成することができるようになります。

画像4

思考が整理されるってどういうこと?

コーチをしているとよくクライアントから「思考が整理された」という感想をもらうので、この効果について説明していきます。

多くの人にとって最近ずっと同じことを考えてるなという経験が一度はあると思います。たとえば「転職しようか迷っている」とか「恋人と別れるか迷っている」のようなテーマです。

おそらく人は日常生活の中で物事を考えるとき、とりあえず目的なく考え始めて、飽きたら考えるのをやめる…ということを繰り返しています。これでは思考が深まらないため、長期間ずっと同じことを考えているのに何も結論が出ていない状態に陥りやすいのです。

思考する上で「いい答え」を得るためには「いい問い」が必要です。コーチングを利用すると特定のテーマについて1時間ほど質問に答えながら思考し続けることになるため、1人で考えるよりも圧倒的に思考が深まります。

画像5

またコーチは質問だけでなく、話を整理したり、感じたことを素直にフィードバックすることで思考の整理をサポートします。

① 話の整理する。
コーチ「ここまでの話をまとめると、〜だから〜であるということでしょうか?」
クライアント「あ〜まさにそういうことです!(因果関係を整理されることでスッキリする)」

② フィードバックする。
コーチ「私にはあなたが何か不安を抱えているように見えますが、どうでしょうか?」
クライアント「うーん…たしかにそう言われると〜(深層心理に気づく)」

このようにコーチを壁打ち相手に利用することで、客観的な視点を取り入れながら自己分析することができます。それにより長期間モヤモヤ考え続けていることが1時間くらいで整理できるかもしれません。

▼ ここまでのまとめ
・コーチングで扱うテーマは日常生活からビジネスまで幅広く対応できる。
・コーチングの効果は行動が変わること。それによりより早い時間で高い目標を達成できるようになる。
・コーチの問いに答えたりフィードバックを受けることで、1人で考えるよりも思考が深まり整理される。

コーチはクライアントの味方となる

コーチングは継続的にセッションを行うことで効果が出ます。図にすると下記のようなイメージです。

画像6

セッション以外の時間もコーチはクライアントと連絡を取り合うなどしてサポートします。(おそらく食事管理までしっかりしてくれるジムのトレーナーのイメージに近いです)1人で孤独に頑張るより全力で応援してくれる存在がいるだけで、ものすごく心強い気持ちになると思います。

コーチングの勉強をしたいけど何すればいいの?

THE COACH Academyというコーチングスクールを作ったので、是非お越しください!他社と比較すると安価ですが、内容はかなり本格的です。

私がやったのは下記です。

① コーチングの教室に通う。
教室に通うのが確実だと思います。ググるといっぱい出てきますが、自信をもってTHE COACH Academyをおすすめします。

② コーチング本を10冊くらい読む。
全体感をつかむにはとりあえずこの本がいいと思います。

③ コーチングをたくさん受けてみる。
本を読むより実際に受けてみた方が習得への近道だと思います。こちらもTHE COACHで優秀なコーチによるセッションを受けることができます!

④ コーチングをいろんな人に実践しまくる。
私の場合は最初の4ヶ月で40-50人くらい無料で練習しました。その後仕事として始めています。

コーチング超おすすめなので流行って欲しい

ということで今の私が考えているコーチングとは何かについてまとめてみました。今後も需要があればやり方の説明とかしたいです。

▼ Twitterでもよくコーチングの話をしてるので良ければどうぞ。

こばかなのTwitterはこちら(@kobaka7)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こばかな

勉強するための書籍代などに使わせていただきます。学びはツイートやnoteでアウトプットいたします!

スキ、うれしー!
4,108
デザイナー @ THE GUILD