財務三表とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書の総称。

むかちんのなんとな〜く学べる会計ノート
第5回:財務三表の意味とは


こんにちは。むかちんです♪

本日もなんとな〜く
会計を学んでいきましょう。

今回は
財務三表について簡単に解説したいと思います。


財務三表、ご存知でしょうか。

という私も

財務三表と言われて
最初はなんのことかわかりませんでした。


財務諸表の間違いではなく?

調べてみると

貸借対照表
損益計算書
キャッシュ・フロー計算書

この3つを総称して
財務三表と呼ばれます。


前にもお伝えし通り

貸借対照表は財政状態
損益計算書は経営成績

を表す表です。


キャッシュ・フロー計算書では
お金の増減の内訳がわかります。

名前の通り
キャッシュフローを計算する表です。


ではなぜ財務三表なのでしょうか。


以前は
貸借対照表と損益計算書
この2つが大事と言われていました。

利益が出ていることが大事
企業は黒字かどうなのかが重要とされていたのですが

黒字なのに倒産する企業が増えたのです。

利益はあるのにお金なし

売上が上がっている=お金がある
というわけではないのです。


財務分析では
よく前期との比較をしますが
貸借対照表と損益計算書の2つだけでは
1年間でどのようにお金が使われたのか
明確にはわかりません。

なので
お金の流れに特化した表である
キャッシュ・フロー計算書が重要視されるようになりました。


この三表がどのようにつながっているのか
わかるようになると会計に強くなる
と言われますね。


それでは次回以降で
貸借対照表
損益計算書
キャッシュ・フロー計算書
を解説したいと思います。


◆意味まとめ
財務三表;貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書の3つの総称。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです😄✨
4
学生時代に公認会計士試験に合格したので、会計に強いです。会計のことをわかりやすく伝えたり、音楽、雑貨、花、動物、グルメなどなど好きなこと全般について書いていきたいと思います。