2020年7月24日
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2020年7月24日

「SUNABACO八代」は、

熊本県八代市にて、

2020年2月1日にSUNABACOの中村代表が講演を行い、

準備期間3週間という強行日程で、募集と準備を並行して行い、同月24日から、第1期がスタートしました。

最初は、担当の市職員に促されるまま、商店街の中で一番広い店舗だからという理由で、エアコンも動かず、底冷えのする空き店舗に、家主が使わなくなった机とイスを並べてスタートし、持ち寄った電気ヒーターを付けては停電するという過酷な状態からのスタートでした。

家主のご厚意に甘え、家賃も払わないまま…              ※ ↑↑SUNABACOさんには、一切責任はございません。

第1期生のみんなは、お金を払っているのに、過酷な環境でプログラムを学ばせられたにも関わらず、新型コロナウイルスの影響で苦戦する地域の飲食店のために「八代テイクアウトリスト」というサイトの立上げを行うなど、受講中から、地域に大きな話題を提供していきました。

■八代テイクアウトリスト:https://8246take-out.mune-koubou866.com/

その後、4月17日に第1期生が卒業。裏方の様々な調整も、なんとか目処が立ち、やっとエアコンやトイレなど、最低限必要な環境が整えられることとなりました。(トイレも回収が必要だったのかよ(゚Д゚;) って、声が聞こえてきそうですが…)

そして、7月6日から第2期がスタート。

なんと、40名を超える生徒が集まり、早くも「SUNABACO八代」は、地域で注目される存在となっておりました。

そんな中、「SUNABACO八代」の正式なオープンを地域の皆様にお知らせするために開催されたのが、7月24日開催の「SUNABACOオープニングイベント」でした。

「SUNABACOオープニングイベント」では、都市伝説のネタで有名な「関 暁夫」さんが参加されるということもあって、イベント告知後1週間で満席となる盛況振りで、地方でのイベントとしては、異例の反響がありました。

■オープニングイベント告知サイト:https://yatsushiro-opening.studio.site/

「関 暁夫」さん以外にも、マイクロソフトの畠山さん、VR関連のご意見番と言われるGOROmanさんなど、SUNABACO中村代表のネットワークで、地方ではありえないような業界の著名人が集まり、テクノロジーの発達と地方のミライのあり方について、貴重な話を聞くことができました。

このオープニングイベントをキッカケとして、さらに「SUNABACO八代」が地方の意識を変えていくことになります。

続きは、また、次のnoteで。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!