kiyoshi sakurai
『文藝春秋』2022年10月号には、評論家の中野剛志「グローバリゼーションの崩壊」の記事が掲載され、米国のグローバリゼーション覇権戦略について分析し、米国の「リベラル覇権戦略」と「リアリズム覇権戦略」を比較し、前者の戦略が失敗したことを論証しました。ウクライナ戦争はその結果です。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!