見出し画像

NINJA SLAYER GO VR トレイラー

 海の向こうアメリカからゴキゲンなニュースが届いた。VR専用ゲーム、NINJA SLAYER GO Ver. ∞ のリリース情報だ。ゲームの中でソウカイニンジャ・インターステラーとなったあなたは、スリケン飛び交うネオサイタマの街にバーチャルダイブし、幾多の一触即発ミッションにコミットすることができる。早速そのトレイラームービーを見てみよう。

 いかがだったであろうか。動画はゲームのエッセンスのほんの一しずくに過ぎないが、ここで見られるアトモスフィアのみなぎりようたるや尋常ではない。動画を見たニンジャヘッズの発売が待ちきれないという声が聞こえてくるようだが、そこは正式なリリース日である1917年03月下旬を楽しみに待ってもらいたい。それにこのトレーラーから読み取れる情報も、決して少ないとは言えないはずだ。以下場面ごとに順を追って見ていこう。

 動画だけではよくわからないが、どうやらあなたはネオサイタマにあるカタコンベめいた地下道を歩いているようだ。ネオサイタマにカタコンベがあるかはわからないが、あってもおかしくはない。あなたはネオサイタマに絶対にないものを挙げる方が難しいはずだ。

 前方に現れたのはニンジャスレイヤーだ。いかなる組織の後ろ盾をも持たず、ソウカイヤがミッションを展開する先々に現れ、ゲリラ的な破壊をもたらすフリーキーなニンジャ。射撃戦には弱いので、遠距離からスリケンを投げて倒してしまおう。

 これがそのスリケン攻撃だ。ニンジャの遠投力は強大で、何気ないスローイング動作にもかかわらず、そこから放たれたスリケンは標的に甚大な被害を与える事ができる。プレスの報じるところによると、本作には路頭をさまよう非ニンジャたちを何人連続でヘッドショットできるかをオンラインで競いあうミニゲームモードがあるとのこと。

 相手が間近まで接近してきた時には、スリケンと並ぶもう一つの武器であるニンジャのカラテを用いて戦うことができる。いかなニンジャといえど、チョップで首と胴体を切り離せば一たまりもない。渾身の一撃をお見舞いしてやろう。

「ハイクを読め」

「グワーッ! サヨナラ!」

2月28日追記:後にNINJA SLAYER GO Ver. ∞ 発売のプレスは事実無根の出まかせであり、掲載した動画もイギリスの学生らによる去年のエイプリルフールのジョークであることが判明した。ネットに情報が溢れかえる昨今、何が真実で何が嘘なのかを知る術が、果たして我々の手に残されているのだろうか。

(文・マツモトキヨシ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
三姉妹の賢い末の子

こちらでもピックアップされています

【アーカイヴ】222コン2017全応募作品
【アーカイヴ】222コン2017全応募作品
  • 127本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。