見出し画像

ガチでクレーター肌を自力で治した方法【4年かけてたどりついた凹凸ニキビ跡治療の真実】[2万字 画像30枚]

【お知らせ】冷やかしが多いので返金保証を停止しました。本気の方のみ読んでほしい内容となっています。あと3部で値上げします。

はじめに

【この記事は、「本気でクレーター肌を治したい」という方に向けて書いたものです。わたしの4年以上もの努力と多くの失敗に合わせて、クレーター肌治療のYotube・ブログを発信することで得られた知識・知恵を総動員して書きました。「セルフ治療の方法」を中心に書いていますが、美容皮膚科での治療を検討中の方でも時間とお金を節約できる内容も記載しています。本気でクレーター治療に取り組む前に、まず読んでほしい内容となっています。】

※完全返金保証です。読んでみて「全部知っていた」「役に立たない」と感じたら返金してください。

クレーター肌を自力で治そうとした経緯

自分のボコボコ凹凸の肌を見るのは心底辛かったです。「ニキビ跡」「クレーター」とすら言葉すら知らなかったほど外見に無頓着なわたしですら、一度自分の肌の状態に気がついてしまうと毎日涙が出そうで絶望するほどキツかったです。小学生の頃から今でもニキビ肌ですが、外見を気にする思春期の時に大きなニキビはすべて手で潰してしまいました。人生最大の後悔です。大自然と日光浴が大好きなこともあり、紫外線の影響も相まって肌はボコボコでボロボロでした。

クレーター肌治療前

当時の格安アンドロイドスマホのカメラでさえこのボコボコ具合です。今のスマホで撮るとどれほど汚いか想像を絶します。

元来、「凹凸のあるニキビ跡は一生治らない」と言われてきました。最近では、美容外科の技術が向上したことである程度の改善は見込めるようになりましたが、それでも大金を注ぎ込む必要があります。重症度にもよりますが、数百万単位で払った人もいればいまだにローンを払い続けている人も多いです。効果のない治療内容も数多く、クレーターに効かない金ドブ治療法もたくさんあります。

わたしがクレーター肌を本気で治そうと覚悟した2018〜2019年にも情報は溢れ出ていました。当時は、まだフラクショナルレーザーの全盛期です。「レーザーに100万円以上をかけてもクレーターは治らなかった」というコメントに絶望した後、海外の情報を集めながらセルフダーマペンをはじめたのはこの時でした。インフルエンサーを中心に「ダーマペン4」がバズりはじめたのが約1年後です。

フラクショナルレーザーに関するコメント

その後、クレーター肌治療を発信してから数年経ちました。今では「世界でもっとも自力でクレーター肌治療に最も成功した人間」だと本気で自負しています。今でもYoutubeを通して、海外から英語でクレーターに関する質問・コメントが山ほどきます。それは、自国のYoutubeやSNSではわたしほど改善している人を見つけられないからです。世界的にも他に類を見ないほどお金をかけずに凹み治療に成功しています。

クレーター肌治療ビフォーアフター

こちらは、治療を始める前と2023年5月現在の比較です。右のアフター画像は、わざと凹みが見えやすいように白色蛍光灯の下で撮影しています。誤魔化せないように、画像の精細度・シャープネスも最大100に設定しました。(通常写真はもっとキレイに見えます)

こめかみのクレーターが目立って見えますが、元々はこうです。

こめかみクレーター肌

こちらは天気がいい自然光での写真なので現実はさらに見れたものではありませんでした。

顔中にあった凹みも大幅に改善していることがわかります。左はHuaweiの5年以上も前のアンドロイド携帯で、右はiPhone13です。もし、今のスマホが当時にあればさらにボコボコな画像が用意できたはずです。

クレーター肌治療ビフォーアフター

こちらも、現在見せられる最大限の汚さでお見せしています。汚い画像をお見せすると「何にも変わっていない」とフォローを外されるのが関の山ですが、誠意を見せたいので自分でも見せたくないようなほどあえて凹みをクッキリ写しています。大きな凹みはまだありますが、よく見ると治せそうにないようなクレーターがいくつも治っています。※ニキビ跡による色素沈着も目立ちますが凹みに注目してみてください。

わたしは2018年からYoutubeで毎週自分の顔を晒しています。誤魔化しようがないです。

クレーター治療の真実をYoutubeで話せない理由

当時はとにかくお金がなかったので「お金をかけたところでクレーター肌は治らない可能性も高い。ダメ元で自力で治してみよう」と決心しました。それから、セルフダーマペンを中心に自力でクレーター肌治療をはじめました。ダーマペンですら「セルフで行うのは危険!」と言われがちなのに、セルフでしようとは到底思えない治療方法も全て試しました。

・セルフダーマローラー
・セルフダーマペン
・セルフフラクショナルレーザー
・セルフTCAクロス
・セルフサブシジョン
・セルフダーマルフィラー(ヒアルロン酸)

Youtubeで本音ベースで紹介できているのはこの中のいくつかのみです。

なぜなら、

・そもそも視聴再生が取れない
・画がグロすぎてチャンネル登録者が減る
・YoutubeアカウントBANのリスク

まず、本気すぎる内容の動画は「視聴率が取れない」ことがあります。「こんな貴重な情報ないだろう」と思って公開した動画はほとんど再生されません。(Youtubeアルゴリズムのために現在はほとんどを非公開にしています)大した動画に見えなくても、撮影・編集に大幅な時間がかかります。最近は動画編集の一部を外注させていただいているので、再生されない動画は「時間」と「外注費」を消費するだけの「負債」になっているのです。

また、本気のクレーター肌治療の動画は見た目的にキツイです。セルフダーマペンは軽い方ですが、それでも出血もあるので「生理的に無理」と感じる方も多いです。セルフTCAクロスやサブシジョンの動画を一本出すと何十人とチャンネル登録者が減ります。ヒアルロン酸注射をぶち込んだ時は「危なすぎる」と、通報もされました。

一番大きなリスクは「Youtbeチャンネルのアカウントが消されること」です。数年かけて細々と動画を更新し、今では登録者も3万人を超えています。わたしが20代からはじめた青春であり、貴重な時間をかけて作った唯一の資産です。この貴重なチャンネルを「視聴すらされない登録者も減る動画」によってアカウントBANのリスクに晒すわけにもいきません。

以上の理由から、今後、Youtubeチャンネル・ブログで本音でクレーター肌治療を丁寧に語ることはもうありません。伝えたいことは多いのですが、失うものがあまりにも大きいからです。ごめんなさい。

「自力でクレーター肌を治した方法」の中身と内容

そこで、わたしが今まで取り組んできたことについてこの記事内ですべてまとめます。内容については以下の通りです。

・ダーマペンでクレーター肌は治るのか?
・自分がしてきたセルフ治療方法とコツを画像付きで徹底解説
・知識、経験を基にしたリアルな症例
・クレーター画像を参照して「どの凹みには何をすべきか」の解説
・今、すべての治療前に戻るなら何をするか
・時間を無駄にしたクレーター治療方法
・美容外科でクレーター肌治療をするなら何をすべきか、すべきでないか
・美容クリニックに行ってコスパがいいひと
→(最小金額で最大効果をもたらす見解)など

「セルフ治療方法」については、決して誰かに推奨しているものではありません。リスクがあることですし、正直に自分以外の人生の責任は取れません。しかし、情報・体験談としてはとても貴重だと思います。今まで、ここまでリスクを冒してクレーター治療に取り組んだ人間はいないはずです。実際に試して結果が出たこと・出なかったことを事細かに記録しました。

もし過去の自分と話せるなら「リスクを覚悟でやった方がいい」とは絶対に伝えます。失敗も多かったですが、顔の凹みという最大のコンプレックスも大幅に解消されました。通常であれば美容外科に通って数百万円以上かかったお金も節約できました。もちろん、リスクの大小や過去の自分に注意したいこともすべて記してあります。

「これから美容外科でのクレーター肌治療を検討している方」「すでにクレーター肌治療をしているけど改善が見られない」という方にも大幅に時間とお金を節約できる情報です。とにかく、クレーター肌治療で悩んでいる方の誰も損させない内容にした自信があります。

コンプレックスは、改善されると気にならなくなります。「あれほど悩んでいた悩み」すら記憶から遠ざかっていくものです。いま悩んでいる無駄な時間は2度とかえってきません。

治らないことにお金と時間を無駄に注ぎ込まないでください。今という時間を大切にするためにも、人生を豊かにすることに大事なお金と時間を使ってほしいです。「正しい知識」で真剣に悩みに向き合ってください。

こちらからは、有料に設定しています。視聴率稼ぎも成果報酬もない純度100%の「ピュアな情報」です。

センシティブな内容であるのと炎上防止もかねて、一定部数ごとに値上げさせていただきます。予めご了承くださいませ。※ 一度購入されると、その後の更新も継続的に確認できます。

ここからが本編です。

続きをみるには

残り 16,569字 / 30画像

¥ 5,000

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?