小熊俊哉

Toshiya Oguma ライター/編集者。洋楽誌クロスビート→音楽サイトMikikiを経てフリーランス。最近はRolling Stone Japanでの仕事を中心に色々と。編書に『Jazz The New Chapter』など。toguma1048@gmail.com

小熊俊哉

Toshiya Oguma ライター/編集者。洋楽誌クロスビート→音楽サイトMikikiを経てフリーランス。最近はRolling Stone Japanでの仕事を中心に色々と。編書に『Jazz The New Chapter』など。toguma1048@gmail.com

    マガジン

    最近の記事

    「後藤正文を巡るアーティスト相関図」を制作しながら学んだこと

    Gotchこと後藤正文さんによるニューアルバム『Lives By The Sea』が、3月3日にLP/CDでリリースされました。 両方に封入される「後藤正文を巡るアーティスト相関図」を、わたくし小熊が制作させていただきました。監修は柳樂光隆さんでライナーノーツも執筆。デザインは川井田好應さん。 おかげさまで好評らしくてよかったです。アルバムの内容が素晴らしいのは言うまでもありません。なにせ抜群に音がいい! 曲もいい! Gotch:気持ちのいいシーンの流れを作りたいとは思

    スキ
    149
      • 小熊が選ぶ2020年1月のベスト

        noteのフォロワーが気づいたら6000人突破したのに(なぜ?)、昨年7月で更新がストップしているのも勿体ないので、月単位で備忘録を残していくことにしました。「ベストアルバム10作」「ベストソング1曲」「その月に行ったライブ」「おもしろかったネット記事」を駆け足で振り返ります。これなら1時間で書けるぞ!と言っておいて、全然続かなかったらごめんちょ。 ※見出し画像はいとしのバンド、The ChapのBandcampより拝借。 ◎アルバム1. Mura Masa - R.Y.

        スキ
        21
        • 小熊が選ぶフジロック'19 ベストアクトTOP10

          フジロックお疲れ様でした。終わってみれば2日目の過酷さがとにかく印象的ですが、今年もやっぱり楽しかった!この3日間ツイートしまくってたら、フォロワーが50人くらい増えてました。そんなにおもしろいこと呟いたっけ。 個人的なベストアクトTOP10を勝手に発表!!!帰りのバスに揺られながらスマホで書いたものなので、感想コメントは手抜きorツイート使い回しですが許してください。 1. The Comet Is Comingシャバカ日本初登場の衝撃たるや!!!3日目深夜、「誰?」っ

          スキ
          30
          • 小熊が選ぶAORベストアルバム30選+個人的に好きな7曲

            ミュージック・マガジン2019年3月号の創刊50周年記念ランキング企画「AOR/ヨット・ロック・オールタイム・アルバム・ベスト100」に参加しました。 "サンダーキャット『ドランク』に参加したマイケル・マクドナルドとケニー・ロギンスを始め、再評価が進む70〜80年代の名作と、大きな潮流となっている近年のリヴァイヴァルから生まれた新しい作品を、まとめてランキング! 40人の識者に1位から30位まで順位をつけていただいたものを編集部で集計し、ベスト100を選出"する、という企画

            スキ
            67

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 小熊の原稿
            小熊俊哉

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            小熊が選ぶ、2018年ベストソング60続き

            以下、30位〜1位です。 ----- 30.Sandro Perri/In Another Life逆にこの曲は、24分が永遠のように感じてくる。ミュージックマガジンのクロスレビューでも書いたけど、ブルー・ナイルとドゥルッティ・コラム、『Another Green World』が渾然一体となったような音。とてつもない浮遊感。サンドロ・ペリすごいの作ったなー。 29.Free Cake For Every Creature/In Your Car個人的に2018年一番夢中

            スキ
            36

            小熊が選ぶ、2018年ベストソング60

            今年はいろいろあって、クロスビートの年間ベスト号が出なかったのもあり(昨年の号が売れなかったわけではないらしいよ、念のため)、自分の年間ベストをまとめることもないまま、ズルズル大晦日まで来てしまって。でも、何かしら出さないと気持ち悪いので、勢いでバーっと書きなぐってみました。 そんな感じなので、60位→1位の順にコメントも用意しています。急いで書いたのでかなり雑で申し訳ないですが、セレクトだけ発表するのは趣味自慢コンテストみたいで好かんので。 順位だけ手っ取り早く知りたい

            スキ
            24

            Trampauline『This Is Why We Are Falling For Each Other』ライナーノーツ

            これを書いてる時点で明日の話ですが、2/11のLali Puna × Trampaulineの来日公演が楽しみすぎるので、直前すぎますが以前ぼくが書いたTrampauline『This Is Why We Are Falling For Each Other』のCDライナーノーツを公演が終わるまでアップしてみようと思います。皆さんぜひライヴへ足を運びましょう。 http://dum-dum.tv/html/topic29.html http://trampauline.b

            スキ
            4