マガジンのカバー画像

人生ナビのトリセツ

97
あなただけの充実した100年人生を生き切るための人生の処方箋 生涯現役で真の健康長寿を実現したいあなたにお届けします
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

人生100年時代の幸せな生き方

人類はついに100歳まで生きる時代に突入しているそうですね。 確かにわたしが子供の頃のお年寄りと今の高齢者では、同じ年齢と思えないぐらい違って見えます。 いまどきの70~80歳って全然「お年寄り」っぽくない! 人によってはなにやら年齢不詳にすら見えます。 かく言うわたしも世が世なら、すでに立派な「老婦人」です(汗) が─── 電子書籍出版を手掛けたり、ライティング術のセミナーをしたり、瞑想を教えたり、はたまたエレキギターだの初ピアノに挑戦してみたり…… 自分で言うのも

「自分」を生きることは人生最大の義務のひとつです

「自分」を生きる自分でしかありえないのに、なぜそれがこんなに人を悩ませるのでしょう。 考えてみたら、フシギだと思いませんか? だって、他の人の人生を生きることなんて、出来るはずもないのに。 それでも、わたしたちはついつい「自分」を見失う。 そこには、こんな仕掛けがあるのかもしれません。 * それって、余計なお世話です!ウサギとカメのお話、ご存じですよね。 そう、「もしもしカメよ、カメさんよ」で始まる、あの歌です。 あれって、考えてみるとひどい話だと思いませんか?

たった20時間で人生を変える ”初めての壁” の乗り越え方とは

新しい何かを始めることって、ちょっとエネルギーが要りますよね。それがゼロからのスタートだったら、なおのことです。 何をどうすればいいのかさえ分からない状態で、手探りで始めるわけですから。 やることが多すぎて、ああ!もう絶対に無理! って気持ちが萎えちゃうことも起きます。 がんばってやってみても、なかなかうまく行かなくて、三日坊主で諦めちゃうことだって、もちろんあります。 白状しますと、わたし、書きかけのアイデアノートが何冊もあります (-_-;) 書き出してみたものの

今年の運気は立春から

昨日の東京は予報通りの大雪で、おまけに雷まで鳴ってビックリです。 2月に入って、がっつりと冬らしくなってきましたね。 (真冬生まれなので、ビミョーにうれしい) 思いがけない大災害で明けた2024年。 これからどうなっていくのでしょうか。 悲しいニュースも続いています。 でも、こんな時だからこそ前を向きましょう。 明るい未来を胸に、しっかりと今ここを生きていきましょう。 * そのために、どんな人もぜったいにやるべきことがあります。 それは―― 「望む未来をイメージす

現実を変えられる人がやっている、たったひとつの大切なコト

現実を変えられる人はこれをしています!誰でもできます。 人生は誰でもいつでも望むように変えられます。 これは確信をもって言い切れる真実です。 還暦すぎてゼロからピアノを始めた私が生き証人です(^^)/ * 行く先を決めなければ、誰も目的地にたどり着けないそれは、人生だって、同じです。 当たり前すぎることなのに、これをやらずに迷子になっている人が多いみたいです。 行動はすることは大事だけど、ただむやみに動けばいいわけではないですよね。 ・どこに行きたいのか? ・そ

不安の時代だから幸せに生きることを強く意識することが求められている

2024年がこんな波乱の年明けになると、いったい誰が想像したでしょうか 人生とは、先が見えない暗闇のなかを手探りで進んで行くようなものだと言うことを、改めて目の前に突き付けられるこの頃です。 コロナ騒動が収まってきたとはいえ、世界はいまだ混乱の中。 パンデミック、終わらない地域紛争、国内政治はめちゃくちゃ……。 先の予測が立たない状況は、まだまだ続くようです。 こうした世界的規模での社会の混乱は、当然ですが、わたしたち名もなき一市民の生活にまで大きな影響を及ぼします。

2023年の最終日にやっておきたい3つのこと

泣いても笑っても、2023年は今日が最後です。 毎年この時期になると、こんな投稿が一斉に並びます。 「2024年の予測!」「2024年はこうなる!」 わかります。当然、気になります。 でもね、ちょっと待ってください。 次の年、次のステージに行く前に、やっておくといいこと、というか、絶対にやっておくべきことがあるんです。 それは、 「2023年をしっかりと振り返る」 です。 * いや、それ、聞き飽きてるし…… そう思った方も多いと思います。 そこでお尋ねします

あれもこれもで頭の中がとっちらかってますけど(^^;)

白状しますと、わたし気が多いんです。 浮気者です(笑) なにかをやっていると、他のことが気になってしまう。 これを手に入れると、あっちも気になる。 どっちもやりたい!どっちも欲しい! 単純に欲張りなのかも、ですが、だって興味がわいてしまうんだから、しょうがないですよね。 * 興味って、フシギですよね。 湧いてほしいと願ったからといって、湧いてくるモノじゃない。 自然と生まれる。 向こうからやってくる。 上から降ってくる。 だから、それが来たらうれしくて、手放したく

2023年ついに12月がスタート!最後のひと月どうします?

12月1日です! 今年もついに残すところあとひと月になっちゃいました。 あなたの2023年は、どうですか? 年の初めに書き出した今年の夢はかなっていますか? 目指すゴールへの進み具合はどうですか? 想いは現実化していますか? わたしは、といいますと―― 思ったようになっていることもあるし、そうでないこともある。 思いがけないことが起きて、予想外の展開になっていることもある。 まあ人生なんていつだって、そんなものですが(笑) * ゴールを書き出し、未来を見て今を生

動き出す前に調べるか?まず動いてから調べるか?

初めてのことにチャレンジする時は、誰でもわからないことだらけ。 心も不安で揺らいでいます。 そういう状況で人はどう動くのか? 実は大きく二つのタイプに分けて考えることが出来ます。 チャレンジ時の2つのマインド 二つのタイプと言いましたが、実際にはほとんどの人は、どちらの要素も持っています。 A100%やB100%という両極端に触れる人も中にはいることでしょうけど、8割の人は両面を持ってる混合タイプです。 Aの要素、Bの要素の混ざる割合は人それぞれ。 Aが強い人もい

脳が無意識にやっていることで人生が不自由になるって!?

行きつけのバーで実際にあったことです。   お馴染みさんの一人が、わたしが瞑想指導者養成講座を修了したことを知って、 「瞑想の先生になったのね、おめでとう!」 と声を掛けてくれました。 そうしたら、別の知人が驚いた顔で言いました。 「え? シオンさんは、作家さんでしょ?」 (シオンと言うのは小説を書く時のわたしのペンネームです) う~~ん、どっちもそうだよ、と思うんです。 というより、どっちかひとつじゃなきゃダメですか? * kindleからファンタジー小説を出してい

優先度の高いものを後回しにする理由

このところずっと、手に余る仕事を抱えていまして……。 ここで「手に余る」と言っているのはこういうことです。 ・その仕事についての経験値が低い ・作業ステップごとにいちいち調べたり考えたりしなければならない そういう割合が多い状態の仕事と言う意味。 つまり、スイスイ進まない。 しょっちゅう立ち止まる。 時には一歩二歩もどってもう一度トライ! なんてことも起きるわけです。 これってけっこうストレスフルです (-_-;) * たとえ作業自体が手のかかるものであっても、

2023年残る3ヶ月をどう過ごす?

ようやく秋らしくなって、熟睡できるようになりました。 この夏は例年以上に厳しくて、わたしの住む地域では7月の初めごろから丸々3ヶ月、ずっとひどい暑さでしたね。 子供の頃から夏が苦手なわたしは、例年以上にヨレヨレで仕事らしい活動も出来ず…… いやほんと、参りました(-_-;) やっぱりポイントは睡眠ですね。 体力と気力はイコールというか連動しますから。 身体が落ちていれば心も落ちる。 意志力なんてさらに落ちっぱなし。 思考力だって鈍ります。 ぐっすり眠れるようになって

この世は幻想で出来ているから

ひとつのモノには、ひとつの意味しかない? いえいえ、そんなはずは、ないのです。 どんなモノゴトにも、必ず、複数の側面、複数の切り口がある。 いわゆる多面性、多様性。 上っ面だけでは見えないものが、そこにある。 * なにごとかを「こうだ」と捉える時。 わたしたちの目(つまりは脳なんだけど)は、持てる知識とそれまでの経験というフィルターを通して、モノゴトを見ている。 それに加えて、その時に、自分のこころが求めているもの、つまりは心の傾向が影響を与える。 これはどんな