かえるのおかあさん

医療とアートの間を行ったり来たりしています。より良い暮らしと健康はつながっていると思います。医療や健康と心の動きは強く関係しているのに、テクノロジーばかりが注目されているのは残念。アートやデザインにできること、サモナイ暮らしの中から見つめています。芸大も卒業した時々薬剤師。

釣り舟ゆらゆら。どこかで釣りを楽しんでいるかしら。子供の頃に釣り舟に乗って楽しかったね。自由になって楽しんでいるといいな。

いつかあそこまで行ってみたい。行ったらまた違う景色が見える。そんなことを夢を叶える努力として教わりました。釣り糸を垂らして過ごした休日。いろんなことが思い出と混じり合う日々。

懐かしい鬼の面。家族で豆まきは子供時代の記憶。今は鬼の「面(おもて)」に面影を探す。長田神社の7匹の鬼たち。
折々の行事は、生き方を彩るものなのでしょう。食べるべき豆の数がどんどん増えて、いつしか苦しくなる。

空を見上げる。私が小さい頃は、一緒に地面に寝っ転がっていたけれど、今は。ベッドから空が見えますか?向きを変えて、季節が見えるようになりましたか?

懐かしいの向こうにある好奇心は、生きるエネルギーなのかもしれない。それがいつまで続くのだろうか。自然の面白さにいつまでも惹かれているだろうか。
人生のかけらを拾い集めたら、その向こうに見えてくるだろうか。透かしてみよう、覗いてみよう。

なぜだか、今日は一人で散歩しているのに、そばにいる気配を感じてた。私が子供のころ、休日の散歩で、自然のいろいろを教わった。ビルやマンションが増えて、あの頃とこの景色は既に変わっているけれど、確かに海の形はこうだった。伝え繋ぐ。
もう見る力があるかわからないけれど、描けるかしら。