見出し画像

マインドが変われば全ての日常が自撮りシャッターチャンス

実は、わたしには「Inspire1」という屋号があり、日常の中の"非日常"を切り取るというというテーマが含まれています。


自撮りも、あえていわゆる「ばえる」場所なんて行かない。
いまさら、背中から羽はやしたいとも思わないし笑

画像3

むしろ日常、生活圏にあるふと見つけた
「なんかステキ」を残したいと思うタイプ。


だからお料理していて野菜の形がかわいいだけで、
ホットケーキが美味しそうに焼き目がついただけで、
道端で見つけたお花も撮りたくなる。


これってわたしだけじゃなくて
マインドが変わると、みんなそうなるんだよね。


Facebookの自撮りグループのみんなもそう。
背景が重要だよって投稿したときには
「素敵な壁を探して運転する様になりました」
とコメントが入りました。

画像1


なんか面白いのないかなぁって、それまで興味なかった身の回りに視点をむけ始めるの。
そうすると、途端に周りにあるものが全て楽しいものに変わるから不思議。


富山に住む友人に半ギレで言ったことがあります。
「うちの周り何もないし、東京みたいにそんなバエル素敵スポットないし……」

「はああああ!!
あんな素敵な景色があって何にもないなんていうな!」

それを言い始めたら東京都心部の方がないんですよ。
密集した住宅街。
決してパリやイタリアのような素敵な街並ではない。

お金払ってカフェとか行けばインテリアの素敵な場所がありますよ。

でも家の周りには、山も見えなければ、海もない。
部屋の窓を開けたら見えるのは隣のマンションの壁ですよ。


友人の家から見える景色はなんて素敵なんでしょう!

わたしだったら色々浮かんできますよ。

一面の畑の中で夕日が沈みゆく中、たたずむシルエット自撮りとか。

画像2

こんなことね、東京や横浜、湘南の海へ行ってもできなんですよ。
人が多すぎるし、景観を邪魔するものも入ってしまって。

何にもないじゃなくて、あなたが気づいていないだけ。

意識して世界を見ると、不思議なもの、興味の沸くもので、世の中溢れているんだから!


「いま毎日家で写真撮れないしぃ…」って思ってる方!むしろその日常も、シャッターチャンスだよ!


他撮り風自撮りにチャレンジしたというメッセージをくれる方が増えて嬉しいです。他撮り風自撮りにチャレンジした、自撮りが楽しくなってきたという方は、是非、コメント・シェア・タグづけしてね。


Twitterはじめました。他では言えない毒も吐いてます。

Instagramやってます。こちらは美しいもので埋め尽くしています。


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつ自撮りするの?今でしょ!
14
自分のことが嫌いで自信のなかった卑屈なわたしがあみ出した#他撮り風自撮り。 その楽しみ方をお届けします。写真や自撮りが苦手な人ほど読んでもらいたい! 自撮りする時のテクニックや自撮りに至るまでのストーリーなど全公開します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。