見出し画像

今の自分に不満な人は読むな

あなたは今の会社に満足しているだろうか?

『給料』
『人間関係』
『福利厚生』
『通勤時間』
『会社の未来』
などあなたの理想にあっているだろうか?

社会で生きていくうえで
年収や職業など
人はあなたを評価する。

あなたの『価値』はどれくらいなものなのか。

人は
転職という事に対して
『諦める』とか『甘い』とか
ネガティブな印象を持つ。

しかし、それは大きな間違いであることを
今日はお伝えする。


結論から言うと
『転職』というのは
”あなたの価値を上げる行動”である。

今の会社で
学んだ事、身に着けたスキル
そういったものを生かしてあなたがより伸びる
市場に身を置くという事だ。

転職を制するために
必要なのが『考え方』
である。

どういう考え方をすればうまくいくのかというと
さっき話したような
『自分の市場価値を上げる』という考え方。


給料というのは
あなたが『自分』という商品を会社に売り
会社があなたに対して感じる価値をお金に変えている
という発想
を持つことが大切。

20代の平均だとざっと月20万円ぐらいかなと思うが
それがあなたの価値である。

『あなたの価値は20万円です!』
言われているようなもの。

このあなたの価値がどんな視点から
評価されているのかというと
3つある。

・技術資産
・人的資産
・業界の生産性

ちょっと難しいのでわかりやすく言うと
まず1つ目の技術資産というのは
”どんな人からも必要とされる、高い技術を持った人”

そしてこの技術力というのは
『専門性』『経験』を掛け合わせたもの。

例えば
サッカーの指導者を1年していた私を例にすると
専門性は
『サッカーの戦術の知識』
『トレーニングの考え方』
等があげられるがそれだけではない。

サッカーチームというのは
何十人というチームもあれば何百人いるチームもある。

そこで身に尽いたと評価されるのは
『人をまとめる能力』
『周りに考えを伝える能力』
『組織を管理する能力』
『相手の事を考える力』
など、こういったサッカー以外のところも
専門性としてあげられる。

そして経験だ。
1年務めたという期間ははもちろん経験だが
『どんな失敗をしてどうしたら成功した』という
それも経験だ。
起きたこと、それで感じたこと。
それもあなたの価値を上げる経験である。


次に人的資産。
これは
”どんな人間とも仲良くなれ可愛がられる力を持った人間”

周りに
『こいつなんでこんなに好かれるの?』とか
『なぜか怒られない』とか
そんな人がいると思う。

だが20代のうちはあまりこれで左右されることはない。
若いってだけで重宝されるからだ。

日本トップのソフトバンク社長孫正義さんになくて
あなたにあるもの
それは若さだ。

その若さはあの孫正義さんでも羨ましがるものなんだ。


そして最後の業界の生産性。
全く意味わからないよね。
これは
お金を稼げる業界にいるかどうかという事。

私を例にすると
半年前は高校サッカーの指導者で月20万円で
ボーナスは無い。
半年後の今は不動産業界で月30万~35万円で
年に3回のボーナスがある。
ボーナス以外にも資格取得で50万円もらえたり
羽振りがいい。

別に半年で特別なことをして
不動産の知識を
めちゃくちゃつけたわけではなくて

なんなら今もまだ
ほとんど不動産の知識はない。

だから身をもってどの業界にいるかがカギ
という事を言える。

不動産業界は色々なジャンルがあって
私が勤めているジャンルの不動産業界はそろそろ
低迷すると予想しているので
私は転職を考えている。


あなたが
生きていくうえで
どれくらい価値があるのか。

同じ人間なのに
評価に差が出てしまう。

そんなの興味ないとか
そんな人だっている。

それはそれで立派な考え方だと思う。


だけど私は

見知らぬ人に
『あなたの価値をお金にするとこれぐらいです』
なんて
お金で評価されたくない。

お金は
選択肢を増やしてくれる
素晴らしいものだけど
人を評価するものに重視して利用されたくない。

『今月はこれぐらいか、、、』

そんな感じで自分にがっかりしたくない。

だから、学ぶ。

どうやったら
うまく生きていけるのかを。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたのシェアでたくさんの人に広めてほしい!!
8
入社2ヶ月で全社営業成績1位/23歳/不動産営業マン/作家/YouTuber/元地獄の工場作業員/高校サッカー総体出場/全国高校サッカー選手権出場/鹿児島県,沖永良部島出身/猛烈に20代生きています/人から学ぶこと、人との出会いを大切にしています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。