2つの「ペプシ・コーラ」とイラン
見出し画像

2つの「ペプシ・コーラ」とイラン

けんじ

 現代の若者向けのガフヴェハーネでは、水タバコと茶のほか、清涼飲料水も提供されるということを以前話した。清涼飲料水と一括りにしているものの、もちろん店によって品ぞろえは異なる。とはいえ、現代の世界を代表する清涼飲料水がコーラであるように、大抵のガフヴェハーネにはコーラがおかれている。飲食店で炭酸飲料の「黒(メシュキー)」と言えば、コーラが出てくるほど、コーラは今日では一般的な飲み物だ。

 イランにおけるコーラの歴史は、世界のコーラ二大メーカーであるペプシ・コーラとコカ・コーラが上陸した、1950年代に始まる。なお清涼飲料水産業についてはもう少し古く、ミールザー・トゥーニーという人物に始まるのだが、同氏が事業で破産したこともあり、詳細はよくわかっていない。

 ペプシ・コーラは、バハーイー教徒の実業家ハビーブ・サーベト(1903-1990)によってもたらされた。バハーイー教というのは、19世紀にイランで生まれたイスラム系新宗教であり、イスラームからすれば異端であり弾圧されてきた。日本では「愛の宗教」として大正期に紹介されたが、この話をすると長くなるのでどこかで話すことにする。サーベトは第二次世界大戦後にザムザム社を設立し、1955年からペプシ・コーラの生産を始めた。この事業については、イラン社会で清涼飲料水を買う習慣が定着していなかったこともあり、失敗に終わると思われたようだ。しかし広告に加え、小売店への大幅な値引きや無料サンプルの提供などのキャンペーンなどザムザム社の戦略が功を奏した。加えて、ペプシ・コーラの広がりによって感染性の下痢の発生が低下したと衛生面でも高評価を得、事業は大きく成功した。

 一方、コカ・コーラは、ミールハーシェム・アールヤーンというイラン北西部のタブリーズの企業家が、1953年にコカ・コーラ社と生産ライセンス契約を結び、生産が開始された。だが、経緯については定かではないものの、1957年から北東部のホシュグヴァール社によって生産が行われ、これ以後イランのコカ・コーラの生産地となった。

 ところで、革命後にイランを訪れた人であれば、イランのコーラと言えばザムザム・コーラとパールシー・コーラはどうしたと思われただろう。ザムザム・コーラは、ザムザム社が造っているコーラであり、同社はサーベトの設立したザムザム社に遡る。1979年の革命後にザムザム社は、イスラーム革命被抑圧者財団という国家の外郭団体によって運営されるようになった。つまりザムザム社は革命後に「国有化」されるとともに、ザムザム・コーラの名前で「ペプシ・コーラ」を販売し続けたということだ。だが、ザムザム社はペプシ・コーラを近年では生産していない。ペプシ・コーラを近年生産しているのは、パールシー・コーラを生産していたサーサーン社だ。

 サーサーン社は、ザムザム社設立の翌年に設立され、カナダ・ドライとライセンス契約を結んだ。カナダ・ドライというと日本では1990年以降コカ・コーラ社が販売権を有してジンジャーエールなどを生産しているが、別の会社だ。そのカナダ・ドライ社とイランで革命前に契約を結んでいたサーサーン社の主力商品は、スーパー・コーラとともに、イランの飲食店で「黄色(ザルド)」と言えば出てくるオレンジ味のソーダだった。サーサーン社も革命後には国営化されるとともに、パールシー・コーラを売り出すようになった。ところが、時期こそ不明であるが、ペプシ社と契約を結びペプシ・コーラやミランダなどの製品を販売するようになるとともに、近年ではめっきりパールシー・コーラの存在がずいぶんと影をひそめるようになった。

 なお、コカ・コーラについては革命後もホシュグヴァール社が生産している。しかし革命後一度コカ・コーラの「看板」を下ろし、1994年から再び販売するようになったようだ。私の世代では知らないが「看板」を下ろしている間は、マシュハド・コーラという名前で売り出されてきたということを噂で聞いたことがある。

つづく

参考文献
Moojan Momen (2015) “SABET, HABIB.” Encyclopædia Iranica, online edition [http://www.iranicaonline.org/articles/sabet-habib] (2021年11月6日閲覧).
Sherkat-e Zamzam (2020) “Hame Mi-danand, Hichkas Nemi-danand!” [https://www.zamzam.ir/blog/details/%D9%87%D9%85%D9%87-%D9%85%DB%8C-%D8%AF%D8%A7%D9%86%D9%86%D8%AF-%D9%88-%D9%87%DB%8C%DA%86%DA%A9%D8%B3-%D9%86%D9%85%DB%8C-%D8%AF%D8%A7%D9%86%D8%AF] (2021年11月6日閲覧).
ISNA January 18, 2009. “Koka Kola dar Iran hast, nist!?” [https://www.isna.ir/news/8710-15916/] (2021年11月6日閲覧).
https://farazestekhdam.ir/khoshgvar/ (2021年11月6日閲覧).

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
دست شما درد نکند
けんじ
イランついて勉強しています。noteには専門以外のことを中心に書いています。