うえはらけいた

広告代理店コピーライター → 美大編入 → 広告デザイナー →・・・そして今漫画を書いています 人は30才から専業漫画家になれるのか!?そんな実験の証人になってください
    • 賞歴なし、実力なし。30歳の僕がマンガ家になるまで。
      賞歴なし、実力なし。30歳の僕がマンガ家になるまで。
      • 11本

      5歳のときに手塚治虫に出会って以来、僕はマンガ家になると決めていました。 小学校の卒業文集は「マンガ家になっている、未来の僕へ」という書き出しでした。 そんな僕は、世間体や集団意識、大企業に就職した方が合コンでモテそうなど、あらゆる理由をつけて逃げ回り、何も成し遂げることなく30歳になっていました。 もう逃げるのも飽きたので…ここからマンガ家になるまでの道程を定期的に上げていこうと思います。

    • 鳥獣テラ
      鳥獣テラ
      • 5本

      CHINTAI情報局で連載中の鳥獣テラ、こちらでまとめていきます。

    • 愛されない僕と、愛せる人々
      愛されない僕と、愛せる人々
      • 4本

      「俺なんかどうせ…」が口癖だったあの頃のもやもやと、その時出会った素敵な人たちについて描きました。キナリ杯に出品。全3話。

新年の抱負が1つに絞れないのでビンゴにしてみた

明けましておめでとうございます。普段はマンガを描いています、うえはらけいたです。 さっそくなんですが、新年の抱負を1つに絞れる人って凄くないですか? 僕はあれもこ…

100日間マンガを描いたら、キャラクターがこちらに語りかけてきた

水島新司は、原稿を描き終えるまで、そのストーリーに出てくる試合がどんな結果になるのかわからないらしい。 浦沢直樹は、自分のマンガのキャラクターがいつも勝手な行動…

僕たちはそろそろ報われてもいいと思って。

2020年が、もうすぐ終わろうとしています。 皆さんにとって、今年はどんな1年だったでしょうか?僕は長時間の在宅勤務で腰を痛めました。ずっと準備していた旅行の予定は…

ナツキのはなし

人は、思い出すために読むのかもしれない。と思った。 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を読んだ。おそらく最後まできちんと読むのは初めてのことだ。 慎重に読んだつもりだ…