Keisuke Shimakage
# 126_少数派性の発露

# 126_少数派性の発露

Keisuke Shimakage

 島影です。みなさん、今回もどうぞよろしくお願いします。前回は、恐れ多くも(かつテキトーに…)90年代の日本のロックバンドをメタファにして、プロジェクトとしてのOTON GLASSの変遷を辿っていきました。そこで、とりわけバージョン1、3、5の奇数番号のモデルというのが、その時々の社会状況、またぼくをはじめとした実践者の当時の状況を象徴的に反映したものになっているとお伝えしたと思います。今回は、ことの起こりであります、バージョン1の時の話をしようと思います。

この続きをみるには

この続き: 3,909文字

Keisuke Shimakage

980円/月

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Keisuke Shimakage
2022年2月に中目黒のN&A Art SITEにて「"現実"の自給自足展」を開催。 https://note.com/keisukeshimakage/n/n2f530abdd046