慶應義塾大学 競走部長距離ブロック 〜選手たちの軌跡〜
初めまして、関口功太郎です。
見出し画像

初めまして、関口功太郎です。

 皆さん、初めまして。鈴木くん、いや、太陽から引き継ぎました長距離ブロック1年の関口功太郎です。拙い文章で恐縮ですが、最後までお付き合い頂けると幸いです。
 まずは簡単な自己紹介をします。

名前:関口功太郎
学部:経済学部
出身地:栃木県
出身校:宇都宮高校

 前出の通り、鈴木太陽くんと同じ高校出身です。大学4年間また彼と一緒に走れることを嬉しく思っています。
 さて、今回は初めての投稿なので、今までの陸上競技人生と慶応大学に入学した経緯を書きたいと思います。

今までの陸上競技人生について

 私は中学から陸上を始めました。もともと小さい頃から走ることが好きで、中学校入学時に箱根駅伝に出場したいという思いから陸上競技部に入りました。しかし、怪我の連続で自分の思い描いていた競技人生とは全く異なる経緯をたどりました。以前、自分の怪我の経歴を紙に書く機会があったのですが、A4の紙がいっぱいに埋まってしまい、さすがに自分でも情けなくなりました。この様な状況ではみんなのような輝かしい戦績は残せず、中学・高校と目標にしていた全国大会には手が届きませんでした。この目標を達成したいという気持ちが、私を次のステップへと動かす原動力となり、大学でも競技を続けることにしたのです。

慶應義塾大学に入学した経緯について

 3年前の自分は、まさか慶応大学に入学するとは思ってもみませんでした。高校入学当時の私は、憧れの大迫傑選手の母校である早稲田大学に入ることを考えていました。しかし、度重なる怪我に不安を感じ諦めました。その後、東京大学を目指して勉強に力を入れましたが、共通テストで予定していた点数に届かず、第一志望を慶応大学に切り替えました。何故ここで慶応大学が出てきたのかというと、高校2年生の関東駅伝出場後に競走部主催のオンライン説明会に招待して頂き興味を持っていたからです。他にも様々な理由があって、慶応大学で陸上をやりたいと強く思うようになりました。2022年2月に受験、合格して現在に至ります。

今後の目標について

 最後に、今後の私の目標はインカレ出場と箱根駅伝出場です。今はまた怪我に悩まされていますが、焦らず一歩一歩前進できるように自分を律して体作りからじっくり練習に取り組んでいきたいと考えています。今の自分には高すぎる目標ですが、着実にコツコツと精進していきますので、どうぞ温かく見守ってください。夢をつかむために4年間頑張ります!

 次はマネージャーの中井さんです。選手と積極的にコミュニケーションをとり、マネージャーの仕事に全力で取り組んでいる彼女がどんなことを書いてくれるのでしょう?どうぞご期待ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
慶應義塾大学 競走部長距離ブロック 〜選手たちの軌跡〜

よろしければサポートお願いします!いただいたお金は活動資金として大切に使わせていただきます。

慶應義塾大学 競走部長距離ブロック 〜選手たちの軌跡〜
慶應義塾體育會競走部長距離ブロック が箱根駅伝に復活する過程をお届けします! このnoteでは私たちが普段考えていること、感じている想いをリレー形式で綴っています。 フォローよろしくお願いします。