ゆきママちゃん

ベビーシッターサービスを世に広めたい。主婦をしていた時、主人の一言で働く事を決意!働きだす前の環境・働き出してからの環境の違いなどを、どんどん発信していくよッ‼︎

ゆきママちゃん

ベビーシッターサービスを世に広めたい。主婦をしていた時、主人の一言で働く事を決意!働きだす前の環境・働き出してからの環境の違いなどを、どんどん発信していくよッ‼︎

    最近の記事

    生理の基本知識と生理痛の改善方法

    生理の基礎知識と生理痛の改善方法 生理について、今、改めて勉強しよう 女性には長いお付き合いになる「生理」。特に「生理痛」に悩まされる女性にはとても大きな負担になっているでしょう。また「生理痛」は、年齢・生活リズム・体調・妊娠出産など女性のライフサイクルの中で様々な変化を見せます。 女性の体調を知るためにも大切な「生理」について、今、改めて勉強してみましょう。 生理のしくみ 生理は女性ホルモンの変化によって起こります。まずは、複雑な女性ホルモンとそれに伴う女性の体の変化

    スキ
    2
      • 大変だワンオペ育児 乗り越えるコツとみんなの体験談

        大変だっワンオペ育児!!乗り越えるコツとみんなの体験談 「ワンオペ育児が大変すぎる!」今、このページをみているあなたは、そう思って検索エンジンにに「ワンオペ」と入れましたね。 そうです。ワンオペ育児なんて無理です。そのワンオペ育児。みんなどうやって乗り越えているのでしょう?みんなの体験談(今回は体験談というより、愚痴かもしれない…)をご紹介します。そして、対処法や、みんなのマインドをご紹介します。 ワンオペ育児体験談 ワンオペ育児 体験談1 妻35歳・夫38歳 お子さま

        スキ
        29
        • 保活の初めに

          保活 はじめに 産後の体も落ち着き、子どもとの生活に慣れる頃になると、気になるのが「保育園問題」 保活とは良く聞くけど、どうしたらいいの?? そんな、初めての保活に必要な知識をまとめていきます。 保活とは保活とは、子どもを保育園に入れるための活動のことです。 待機児童と言葉をご存知でしょうか?待機児童とは、保育園に入りたくても定員オーバーなどの理由から入園できない児童のことを言います。 この待機児童が令和2年4月時点で、12,439人となり、前年に比べ4,333人減少しまし

          スキ
          1
          • 保育園みんな何で選んでる?保育園を選ぶ条件・確認しておく事を先輩ママに聞いて見た

            保活を始めようと思うけど…みんなどうやって選んでるの? そんなみなさんの為に、今回は先輩ママさんに保育園の選び方を聞いてみました。成功例から、もっと確認しておけばよかった…という失敗例まで。保育園とは長いお付き合いになります。先輩ママの例を参考にして、より良い保育園を選びましょう。 ・保育園を選ぶ1番の条件は?家から近いこと やはり外せないポイントはここ!家からの近さは大切です。 「毎日の通園になるので、やはり家からの近さは大切!!その他に、駐車場が近くにあるかや、自転車

            スキ
            12

            なんでもイヤイヤ!助けて。イヤイヤ期の対応方法

            イヤイヤ期  お母さんなら誰もが頭を抱える、「イヤイヤ期」。何に対しても「イヤ」という子どもに対して、どのように接したらいいのか悩む親御さんも少なくないでしょう。 「もうお手上げ。」 そんな親御さんに向け、この記事では「イヤイヤ期」の理由から、対処法まで解説していきます。 イヤイヤ期 年齢イヤイヤ期は早い子では1歳半、平均で2歳前後から始まり、長いお子様だと3歳ごろまで続くと言われています。 イヤイヤ期 理由 このイヤイヤ期は子どもの発達には必要不可欠な壁でもあります

            スキ
            1

            子育て 事故予防リスト

            子育て 事故予防リスト 子育ては、ハラハラと隣合わせ。すくすく成長するのは嬉しいですが、できる事がおおくなると困るのがこれ。怪我や事故です。 子どもの怪我を防ぐためには、どこに注意したらいいでしょうか? チェックリストを作りました。子どもの成長とそれに伴う行動を予想し、未然に事故を防ぎましょう。 □おもちゃは年齢にあったサイズ・素材か。誤飲の恐れや破損はないか。 □お菓子の包み紙、袋などは子どもの手の届くところにないか。 □タバコ・タバコの吸殻が、子どもの手の届くところ

            スキ
            8

            子どもに多い事故と怪我

            気をつけよう 子どもに多い事故と怪我 小さい子どもは常に危険と隣り合わせ。子育てはいつも、ハラハラドキドキの連続では? では、どんな所に気をつければいいのでしょう? シッターの研修内容でもある、子どもに多い、事故と怪我、その原因と予防法についてお伝えします 転落 子どもの事故で、命に直結する大きい事故になることが多い転落について、学びましょう。・親が目を離した隙に1歳の子どもが椅子を使って出窓から景色を眺めていたら、網戸を突き破り墜落した。 ・ベランダの踏み台に乗ってい

            スキ
            4

            子どもに多い事故と怪我

            気をつけよう 子どもに多い事故と怪我 小さい子どもは常に危険と隣り合わせ。子育てはいつも、ハラハラドキドキの連続では? では、どんな所に気をつければいいのでしょう? シッターの研修内容でもある、子どもに多い、事故と怪我、その原因と予防法についてお伝えします やけど子どものやけどの原因で、多いものはなんでしょうか?それは暑い液体です。 熱湯や味噌汁、スープ、ポット、魔法瓶、お茶、コーヒー、カップ麺などが原因として多くあげられます。 ほかにも電気ケトルのコードを引っ張ってし

            スキ
            5

            子どもに多い事故と怪我

            気をつけよう 子どもに多い事故と怪我 小さい子どもは常に危険と隣り合わせ。子育てはいつも、ハラハラドキドキの連続では? では、どんな所に気をつければいいのでしょう? シッターの研修内容でもある、子どもに多い、事故と怪我、その原因と予防法についてお伝えします おぼれ お子どもが溺れる場所、第一位は「お風呂」です。 プールでも、海でもなくご自宅にある「お風呂」が第一位なのです。 しかし、小さい子どものお風呂であれば、近くで大人が見守っているはず。 それでも事故が多いのは何故

            スキ
            4

            子どもに多い事故と怪我

            小さい子どもは常に危険と隣り合わせ。子育てはいつも、ハラハラドキドキの連続では? では、どんな所に気をつければいいのでしょう? 子どもに多い、事故と怪我、その原因と予防法についてお伝えします 誤飲・窒息 子どもに多い事故で代表的なものといえば、誤飲です。 子どもは生後6ヶ月になると、なんでも口に入れるようになります。それは、成長する上で欠かせない発達です。しかし、食道はまだまだ細く、誤飲・窒息の可能性が高くなってしまいます。 誤飲の原因で特に多い原因をお伝えいたしましょう

            スキ
            4

            発達過程11<6歳ごろ>

            どうして教えてくれなかったの?発達過程<6歳頃> 「発達過程」という言葉をご存知ですか?子供の身体と心が、どのように育つのかを、大まかに示したものです。保育士などの資格取得の際には必ず勉強する科目です。子供の成長は十人十色。もちろん、この通りには行きませんが、大まかな流れを把握することで、子育てに対する不安の解消、親の心のゆとりにつながります。是非「発達過程」を学び、子育てを楽しく、笑顔で過ごしましょう。 今回は6歳頃の発達についてお伝えします。 【自主と協調の態度】

            スキ
            2

            発達過程10<5歳ごろ>

            どうして教えてくれなかったの?発達過程<5歳頃> 「発達過程」という言葉をご存知ですか?子供の身体と心が、どのように育つのかを、大まかに示したものです。保育士などの資格取得の際には必ず勉強する科目です。子供の成長は十人十色。もちろん、この通りには行きませんが、大まかな流れを把握することで、子育てに対する不安の解消、親の心のゆとりにつながります。是非「発達過程」を学び、子育てを楽しく、笑顔で過ごしましょう。 今回は5歳頃の発達についてお伝えします。 【目的のある集団行動】5

            スキ
            7

            発達過程9<4歳ごろ②>

            どうして教えてくれなかったの?発達過程<4歳頃> 「発達過程」という言葉をご存知ですか?子供の身体と心が、どのように育つのかを、大まかに示したものです。保育士などの資格取得の際には必ず勉強する科目です。子供の成長は十人十色。もちろん、この通りには行きませんが、大まかな流れを把握することで、子育てに対する不安の解消、親の心のゆとりにつながります。是非「発達過程」を学び、子育てを楽しく、笑顔で過ごしましょう。 今回は4歳頃自我の発達についてお伝えします 【葛藤の経験】 自分と

            スキ
            6

            発達過程8<4歳頃>

            どうして教えてくれなかったの?発達過程<4歳頃> どうして教えてくれなかったの?発達過程<4歳頃>「発達過程」という言葉をご存知ですか?子供の身体と心が、どのように育つのかを、大まかに示したものです。保育士などの資格取得の際には必ず勉強する科目です。 それでも、雑誌や育児所で見ることはなかなかありません。子供の成長は十人十色。もちろん、この通りには行きませんが、大まかな流れを把握することで、子育てに対する不安の解消、親の心のゆとりにつながります。是非「発達過程」を学び、子育て

            スキ
            5

            発達過程7<3歳頃>

            どうして教えてくれなかったの?発達過程<3歳頃> 「発達過程」という言葉をご存知ですか?子供の身体と心が、どのように育つのかを、大まかに示したものです。保育士などの資格取得の際には必ず勉強する科目です。 それでも、雑誌や育児所で見ることはなかなかありません。私たちが、保護者を対象としたイベントやシッター研修などで利用すると「こんなのあったんだ。もっと早く教えて欲しかった」と多くの方に言われます。子供の成長は十人十色。もちろん、この通りには行きませんが、大まかな流れを把握するこ

            スキ
            1

            発達過程 <3歳ごろ>

            どうして教えてくれなかったの?発達過程<2歳頃> 「発達過程」という言葉をご存知ですか?子供の身体と心が、どのように育つのかを、大まかに示したものです。保育士などの資格取得の際には必ず勉強する科目です。 それでも、雑誌や育児所で見ることはなかなかありません。私たちが、保護者を対象としたイベントやシッター研修などで利用すると「こんなのあったんだ。もっと早く教えて欲しかった」と多くの方に言われます。子供の成長は十人十色。もちろん、この通りには行きませんが、大まかな流れを把握するこ

            スキ
            5