見出し画像

- USER GUIDE - Flat bag

ke shi ki

マチのホックを外すとフラットになるバッグです。

バッグの口元にハトメがあり、S字フックに掛けられる設計です。保管時は、お気に入りの洋服と並べて吊るすことができます。

画像14

フラットな状態にすることで型崩れせず保管でき、スーツケースに入れて持ち運ぶこともできます。

画像15

バッグの組み立て方をご紹介します。

LONG FORM

画像16

1.
マチのホックを4箇所留めます。

画像14

画像15

2.
ショルダーベルトの片側(ハンドステッチのない方)を引きます。

画像15

3.
マグネット付きのフラップで挟んで、ショルダーバッグの完成です。

画像15

画像15

MIDDLE FORM

画像18

4.
ショルダーベルトの両側を引くと、トートバッグになります。

画像15

画像16

SHORT FORM

画像17

5.
ショルダーベルトを、底面のベルトとホックで4箇所留めると、ハンドバックになります。

画像14

画像15

画像15

画像15

オンラインショップにも詳細を載せております。ぜひご覧ください。

そして、購入後は長持ちさせるためのケアがおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

〈Credit〉
Cinematographer / Editor : shuntaro
Model:Shigemi Owada
ke shi ki Director:Ruri Hosokawa


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!