見出し画像

分散投資と人生設計――「私募社債」で国内債券を組み入れる

お読みいただきありがとうございます。
Siiibo(シーボ)証券という会社でCEOを務めている小村と申します。

Siiibo証券は、「webでの私募」を活用することで、シンプルで分かりやすい金融商品である「社債」の投資・発行プラットフォームを運営するネット証券会社(第一種金融商品取引業者)です。

全7回(予定)にわたり、これまで弊社サービスにて社債をご購入いただいた投資家ユーザ様へのインタビュー記事を発信してまいります。

第2回目の今回は、様々なアセットクラスに分散投資を行われている30代の八木さん(仮名)に、社債投資を組み入れた理由や、Siiibo証券を使われた感想をお伺いしました。

率直なお声をお伝えすることを重視し、メリット/デメリットどちらの意見もなるべくそのまま文字に起こすことを重視しました。

投資家ユーザ様について

お名前:
 
八木さん(仮名)
年齢層:
 30代
職業、役職
 士業、代表
所得
 1,000万円〜2,000万円
金融資産額
 1,000万円〜3,000万円
これまでの投資経験
 投資信託、未上場株式
Siiiboでのこれまでの投資額・社数
 300万円~499万円・3社未満

Siiiboでの投資の背景や目的

小村: この度は、インタビューをお引受けいただきありがとうございます。まずは、今行われている投資の背景や目的をお教えください。

八木さん インタビュー映えしなくて恐縮ですが、若干手元に現金が多かったので、たまたま、というんですか。積立も一定額で上限となっていますし、海外のETFもこれ以上は多いかなという状況でしたので。未上場企業さんの株もあるんですけど、それ以外に数百万円程度あったので、それを銀行預金するのもちょっと、国債等よりは企業を応援したいという気持ちもあり、半年毎の期限前償還もあっていざとなれば資金に変えられるし、というのはありました。1社目は以前から知っている会社さんでもありましたし。
2社目は当時存じ上げない会社さんでしたけど、50万円くらいなら、というのと地方で頑張っている会社さんというのもあって。特に思い入れはないんですけど、社会問題ですとかコロナで打撃を受けているとか、そういう点も考慮しました

小村: タイミングはたまたまではあったものの、個別企業の魅力という点が決め手のようですね。
弊社サービスをお知りになったきっかけは何でしたか?

八木さん 掲載企業さん側経由の情報で知りました。知っている企業の社債を買いたいなと思いました。2社目の情報は発行後はプレスリリースも目に留まりましたし、一度知ると気になりますね。

私募社債に特化した新しい投資プラットフォーム

小村: 本格的にマーケティングを開始していない中、お客様からの口コミで広がるのはありがたいです。
ちなみにご利用にあたって他のサービスと比較した経緯はございますか?

八木さん 似たサービスもございませんので、特に比較はしていないですね

小村: なるほど、たしかに私募の社債がウェブで買えるサービスは私も他に存じ上げません。
希望条件入力機能についてのご感想はどうでしょうか。

希望条件


八木さん あの入力情報って、どのくらい実際の案件に影響あるんですかね。企業側の(発行可否)スクリーニング程度に使われているのかな、と思っておりました。2社目に入力した際は買えなくても良いかな、と思いつつ、投資家としては金利をやや高く入れて少しでも良い条件で私募対象にかかれば良いかなと考えていました。

小村: 仰る通りあくまで参考情報ですので実案件とは分離された、IRプラットフォームに付随する機能となります。
何かプラットフォーム全般に思い当たる改善点はございましたか?

八木さん うーん、特には無いですかね。根本的には、投資家側も皆企業の募集条件が見えると良いですよね。私募の仕組み上難しいとは思いますが。全案件買える状態だと特定の案件に投資家が流れてしまうとは思うんですけど。応募して買えるかどうかわからない時間は気になりますね。どうなるんだろう、自分は買えるんだろうか、と。実際に、Siiiboの他にも投資機会があったので買えるかどうか分からない間に資金をどうしておくかは悩みました。できればSiiiboで当該社債を買いたかったので待ちましたが。

小村: 情報統制など私募の要件をしっかり満たしつつ、一方で投資家様の投資タイミングや情報取得に関するご要望にお応えできるよう、弊社も研究を続けてまいります。
他に検討されているような投資サービスはございますか?

八木さん そんなに無いですね。上場個別株式は手を出していなくて、ずっと投信です。あとは、為替が落ちた時にお金があれば米国、ドル定期とかでしょうか。昨年一度買って、最近換金しました。投信はNISAも上限額買っているんですが、株式型のものが多いです。債券を増やしたいんですけど、他社のものは一口あたりが大きくて、御社の場合は比較的一口あたりも小さいし、商品によっては換金性もありますし。まぁ、滅多に換金はしないとも思うんですけど、いざという時に安心ですね。そういう意味では、投資しやすいから増やしていきたいです。子供ができるとお金はいるんでしょうけど、DINKSはやっぱり投資先に困っていると思います。必要になるのはもう少し先だし、それまでの現金の行き場がない、という状況はありますよね。

投資の判断材料にした情報

小村: 幅広く情報収集されて、実際アセットクラスも分散されている中で、やはり債券性の商品の選択肢はあまり多くなさそうですね
実際に募集を受けた企業について、追加で欲しかった情報はございますか?

八木さん 実は個社情報についてはそこまで真剣には調べていなくてですね。事業内容は見ましたけど手広くやられているな、という印象がありましたし、すぐには債務不履行にはならないだろうな、という印象を受けました。

小村: 財務情報等の私募対象者限定の機密情報についてはいかがですか?

八木さん あまり真面目には調べていないです。サービスページにログインしてIR閲覧、という箇所はざっと見ました。企業概要や経営陣のバックグラウンド、経営理念、等ですかね。社債要項も見ました。逆にそれ以外、資料室等は詳しくは見ていないです。少額だから良いかな、というのがありました。

小村: なるほど。ご職業柄個別企業の信用力の判断はされやすいかと思うものの、金額対比どのくらい手間をかけるべきかという観点はありそうですね。
ちなみに、お手続きはスマホ・PCどちらがメインでしたか?

八木さん 1社目はPCだと思いますが、2社目はスマホでしたかね。見やすかった印象がありますよ。

投資から償還までのサポート

小村: ありがとうございます!ご購入後の感想などございますか?

八木さん 特に大きな変化などはないですが、社債管理ページは見やすいですよね。まぁ、まだ購入した社債の数は少ないですけど。笑

社債管理 (タイル)

小村: モニタリング、償還までサポートさせていただくと共に、今後も継続して弊社サービスをお使いいただけますと幸いです。
今後のお手続きに関し、お知りになりたいこと等ございましたらお教えください。

八木さん これは実現が難しいとは思いますが、水面下で募集開始を準備している企業があると思うんですけど、あらかじめ企業名などは伏せつつも一定情報を出してもらうことってできないですかね。投資の資金繰りなどの観点で。希望条件入力を行ったとしても、起債するとは限らないと思いますので。

小村: なかなか仕組みや規制上難しいご要望だとは思いますが、検討させていただきます。
やはり投資タイミングを合わせたい、というのが一番の理由でしょうか。

八木さん そうですね。ふと投資を考えた時に他の証券会社のHPとかでは商品が出ていますよね。Siiiboはそうではなく、私募の仕組み上、口座開設して募集をうけて初めて見られますよね。余談ですが、この仕組みで投資家を増やしていくには工夫が必要かなと。私はたまたま知ることができたから良いですけど、企業などの情報が出ていないと、興味を持つところまで至れるかどうか。どこが募集しているか、とか知りたいですよね。

Siiiboを使った感想と、今後の投資方針

小村: 私募の情報統制のメリットも重視しつつ、何か新たな顧客体験を用意することも今後検討してまいります。
他の方に弊社サービスを勧めたいと感じましたか?

八木さん そうですね。自分と同じくらいのアセットサイズの方には勧めても良いかな、と思いました。口座開設も簡単でしたし。簡単、手軽、少額、ですしね。もっと熱心に希望条件入力やプロフィール入力等もすれば引き合いも来るんだと思いますしね。

小村: ありがとうございます。仰る通り、弊社は投資プラットフォームながらもマッチングが重要なサービスになります
普段、資産運用の情報収集はどういったところでされていますか?

八木さん むしろみなさんどうやって投資信託卒業、というか、投資先を探しているのかを知りたいんですよね。他のネット証券のHP、他の企業の債券等も見たりするんですけど、今更大企業の公募債もなー、というのもあります。それでいうと、上場前の未公開企業の株式の情報は欲しいです。知人は結構持っていますが、私はあまり持っていないですし。キャピタルゲインが大きいですし。そういう投資もしつつ、それ以外にも社債や投資信託で分散をしていく、ということなんでしょうね。エンジェル投資家になるのは自分で色々足を使ったりしなきゃいけないんでしょうね。

小村: 色々と多方面に情報のアンテナを張られているようですね。アセットクラスの分散は確かにリスク管理の基本であり、重要ですね。
他に弊社に伝えたいことはございますか?

八木さん 繰り返しになりますが、今はサービス開始後間もなくあまり具体的な案件の情報はまだ開示されていないと思うので、少しずつ水面下のパイプライン、過去にどんな起債がなされた、とか公開してほしいですね。一口あたりの金額や金利だけでも。発行額は、必ずしも大きいものが良いとは限らないですし、まあ無くても良いですかね。企業名はしばらく伏せるとか、企業の開示ニーズや規制と折り合いをつける方法はあるかなと思います。

まとめ (メリット/デメリット)

メリット

・個別企業の取り組みを評価 / 応援できる
・中途換金オプション付きの場合、換金性
・私募社債特化の新しい投資プラットフォームである
・簡単、手軽、少額に社債投資ができる

デメリット

・募集を受けないと、すぐに企業の起債を認知できない
・募集に応じたとしても、購入できるとは限らない
・少人数私募の枠組みのため、情報開示が限定的

おわりに

以上、拙文で大変恐縮ですが、皆様からのご意見やご指摘を取り入れ、より良い記事にしてまいりたく存じます。
是非お気づきの点ございましたら、私のTwitterアカウント等までご連絡いただけますと幸いです。

↓ 第3回投資家インタビュー
↓ 第1回投資家インタビュー



ーーーーーーーーーーーーーーーー
Siiibo証券株式会社
第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3230号
加入協会:日本証券業協会

※Siiibo証券のサービスでは、口座開設、管理および投資に際しての手数料等はいただいておりません。ただし、お客様よりご利用の金融機関から送金する際の振込手数料はお客様のご負担となります。振込手数料はご利用の金融機関にご確認ください。

※Siiibo証券のサービスで取り扱う少人数私募社債は元本及び利金が保証されているものではありません。事業者の財務、経営悪化等により、一部又は全部の損失が生じる可能性があります。詳細は、契約締結前交付書面等の内容をご確認ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!