見出し画像

いきなり1on1、果物リンさん編を受けてみた

kazto

「いきなり1on1」という活動をご存知でしょうか。nitt-sanが始められた「見ず知らずの他人に対し1on1を行うことで、1on1スキルの向上を図る」というものです。私自身、nitt-sanの1on1を受けたことがあります。詳しくは下記、またはnitt-sanご自身の記事をご参照ください。

https://note.mu/bainarian/n/n3a726c91c12a

今回は、フロントエンド界隈で姐御といえばこの方、果物リンさんが募集してらっしゃったので、「むむ、これは1on1『される』ことに関しては一家言持つワシが受けて立たねば!」と謎の使命感に駆られ、手を挙げてみました。

手法としては、完全にnitt-sanの手法をなぞっているとのこと。

まず、アンケートを書きます。

・最近気になっていること
・最近うまくいったと思ったこと
・最近うまくいかなかったと思ったこと
・いま困っていること
・目標、達成状況

つぎに、上記のうちどれが気になっているか、順番をつけます。

ここまで来たら、準備完了。

それぞれの気になっていることに対して、深掘りをしていきます。

今回は「自分に甘くなってしまうこと」「新しい会社に入って開発のスタートに思ったより手こずっていること」の二点について、深掘っていただきました。

いろいろ分解分析していただきましたが、結論としては「楽しいことに置き換える」「分からない!と勇気を持って言う」。(途中の議論が無いとなんだかなーですね(笑))

今回改めて感じたのが、「自分一人で考えていると、どうしてもこだわりやとらわれが発生してしまう」ということ。それを、第三者に分析してもらう1on1は本当に業務に取り入れたいと感じました。

まぁ、現職でも1on1は行われているのですが、ここまでの深掘りはなされていません。

ちょっとCTOに対して、深掘りをやってみたくなりました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!