見出し画像

初note!『BROTHERS IN FOOTBALL』@ヨコハマ・フットボール映画祭🎦⚽

登録だけしてずっと放置していたnote。とっても素敵なフットボール映画を観たので、初めて書いてみます!

その映画とは、2022年度のヨコハマ・フットボール映画祭で上映される『BROTHERS IN FOOTBALL』⚽

イングランド8部のアマチュアクラブが南米最強軍団コリンチャンスと対戦!? バルセロナでも、レアル・マドリードでもなく、何故彼らは選ばれたのか?ブラジルフットボールの秘められた歴史、海を越えたサポーターの愛が、100年の時を超えて結ばれる。壮大なフットボール叙事詩。
(ヨコハマ・フットボール映画祭公式)

私はイングランドフットボール好きが高じて、8年ほどイングランドに暮らしプレミアリーグ、CLといったトップレベルの試合から、ノンリーグと呼ばれる下部リーグの試合まで…フットボール観戦三昧の生活を送っていました。

簡単に説明すると、プレミアリーグをイングランドフットボールのピラミッドの頂点とし、4部までがプロリーグ、5部以下をノンリーグと呼びます。

5部以下のチームはアマチュアかと思いきや、私が在英中に観に行った7部や8部のクラブでも、独自のスタジアムや練習場を持っていたり、中心選手は週給数万円もらっていたりと、ノンリーグを取り巻く環境には本当に驚かされました。

そういえば、ロンドンの公園で友人同士でボールを蹴っていた友人が、もはや何部にいるのかも分からないクラブからも、「1試合〇〇ポンドでどう?」とスカウトされたこともあります。

それだけ、イングランドではいわゆるプロと呼ばれる人たち以外にも、フットボールで報酬を得ている人が多く存在するんです。

今回、映画に登場する「Corinthian Casuals(コリンシアン・カジュアルズ) FC」は、1894年のイングランド代表選手全員がコリンシアン所属✨ということからも分かるように、かつて世界最強アマチュアクラブでした。

ところがとにかく、“アマチュア”へのこだわりが強く…。こだわりが強すぎるゆえに、ノンリーグから抜け出せないどころか破綻の危機にも陥ります💦


そんなクラブ存続の危機に陥ったコリンシアンを救ってくれたのが、遠く離れたブラジルのコリンチャンス・パウリスタ。

そうです。2012年のFIFAクラブワールドカップでも優勝した、皆さんご存知のあのコリンチャンスです!!

じつはコリンチャンスのルーツがコリンシアン。コリンチャンスにとって、コリンシアンは兄のような存在なんですね。

2015年、コリンチャンスは新スタジアムの杮落しの対戦相手として、兄を招待します。

普段、何十人、多くて何百人(日本人の感覚からすると、8部で何百人も凄いんですけどね)の前でしか試合をしたことがないアマチュア選手たちが、ブラジルへ遠征🛫し、大歓声に包まれるスタジアムで世界トップクラスの選手たちと対戦!

アウェイなのに、アウェイ感もなし。ひたすら歓迎されるコリンシアンの選手たち。

クラブの歴史、ルーツを大事にする姿。フットボールが好きな方なら、感動、共感し、もっとフットボールが好きになるはずです!!!

ぜひご覧ください⚽

【予告編】


【上映スケジュール】
6/4(土) 19:30-21:24
ゲスト:クリス・ワトニー監督の来日が決定したそうです✨

6/7(火) 19:00-
シネマ・ジャック&ベティにて追っかけ上映🎦

もちろん、「BROTHERS IN FOOTBALL」以外の映画もオススメですので、ヨコハマ・フットボール映画祭公式サイトもチェックしてくださいね~⚽


ヨコハマ・フットボール映画祭実行委員会の皆さん、毎年素敵なフットボール映画をありがとうございます!!


この記事が参加している募集

#おすすめしたいスポーツドキュメンタリー

189件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?