見出し画像

変わり続けていないと、大きな何かを見失う。

河瀬大作

 転がる石に苔はむさない、というけれど、変わり続けることって大事です。変化を受け入れていくのって、歳をとるごとに難しくなるんだけど、それを諦めちゃうと、ぼくらのようなメディアでの仕事は続けられないです。

 アウトプットだけをし続けていると、自分のなかの”何か”が消しゴムみたいにすり減っていく感覚があります。だから人に会ったり、本を読んだり、映画をみたり、美術館にいったり、旅に出たり、貪欲にインプットをします。この入力の量が、仕事ができる人は半端ないです。それは”時代の空気”のようなものを胸いっぱい吸い込むような行為です。考え方やセンスはつねにアップデートされていくので、変わり続けざるを得ないのです。

 わかりやすいのは服装です。

この続きをみるには

この続き: 555文字

記事を購入

300円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
河瀬大作

あなたからのサポート、すごくありがたいです。