見出し画像

その顔を返せ

走る走る。私は駅の階段を駆け足で登った。人にぶつかるのも気にせず信号を渡る。20mも進むと牛丼屋と薬局に挟まれた道に出る。

曲がる曲がる。今日は千鶴の6歳の誕生日。やっとまともに祝える。もう仕事を言い訳にするのはナシだ。ケーキは買った。プレゼントもカバンの中だ。しまった。ケーキはもう買っているだろうか。ホールケーキが2つ食卓に並んでいる光景を想像し苦笑した。買う前に聞いておくべきだった。そう思いながらマンションのエレベーターに乗り込む。

上がる上がる。箱は軋むような音を立てながら5階で扉を開けた。腕時計に目をやると針はちょうど夜の9時半を指していた。クソッ、もう予定より30分も遅れている。扉を手荒に開ける。

「パパかえってきた!!」

「千鶴ったら食べずに待ってたのよ。」

「悪い、ケーキもしかして買って…た?」

2人の私の顔が居間を囲んでいる。そこに千鶴と妻の顔は無かった。電話が鳴った。

まわるまわる。

(続く)

#逆噴射プラクティス #お誕生日

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
電楽サロン

ここに送られたお金は全て電楽のビスコ代として利用させていただきます。

三三🎍
お話を投稿したり、趣味の話をしています。 時折、お肉仮面の写真をまとめています。みてみてね。