日々、変わることの記録

59

気配の消し方 その3

子供の時からずっと、臆病で過ごしている。人と争うのは苦手。それなのに、たまたま武道の家に…

気配の消し方 その2

気配は消えるのは当たり前。 あえて少し強めの言い方をしてみた。単純に「強さ」という物差し…

気配の消し方

恐怖の正体として「胴体」と「頭」と「目玉」について何回かに分けて書いてきた。ほんの一月ち…

恐怖の正体 その5

恐怖の正体について書き連ねているが、恐怖の正体自体は単純、胴体の緊張だ。 心を主役にすれ…

恐怖の正体 その4

私は臆病者である。これは隠していても仕方がない。そして、これまでも何度も、言ってきた事。…

恐怖の正体 その3

頭を落とす姿勢 恐怖の正体は胴体。 これが一応の答え。しかし、そう簡単には受け入れられな…

恐怖の正体 その2

私の稽古はそれまでの自分の技を否定し続ける稽古。こう書くと、なんとネガティブな稽古だと思…

恐怖の正体 その1

3月半ばにめまいを起こした後、パソコンを見続けるのが難しくなった。モニターを前にしている…

つくば稽古に向けて 「見えない身体も凄い」

いつもお付き合いくださり、ありがとうございます。 いつのまにか、オリジナルな術理が増えま…

つくば稽古に向けて 「皮膚も凄い」

私の伝えたい事は「身体感覚という世界の存在」です。 ただ、それが存在していたとしても、が…