見出し画像

2019年、買ってよかったキッチン道具

昨年この記事を書いたときからもう一年!早すぎる!というのが今年の印象です。そしてこの一年でまた、たくさんのキッチン用品や器などを買って使ってみました。よかったなと思ったものを、ご紹介しますね。

今年の春、自宅をリノベして、新ごはん装置「ミングル」ができました(これが一番の買い物ともいえます)。実際にミングルを中心にした生活がはじまるとともに、キッチンでの動線や作る料理が変化したことで、買い換えた道具や器もあります。

フライパン「ジュウ」

まずは、ミングルで大活躍した調理器具からご紹介しましょう。
最初は、取っ手の取れるフライパン「ジュウ」です。

木製の取っ手がはずれて、そのままお皿になるというデザイン。

取っ手と本体で10(ジュウ)に見えます

本来はキッチンで料理をし、食卓に運んで鍋敷きの上などで皿として利用ということなのでしょうが、ミングルではテーブル中央のIHコンロにそのままかけて料理して、ミニホットプレート みたいな利用ができます。

ピーマンや厚揚げを焼くだけで、もうごちそうです。このフライパンによってミングル生活は成り立っているといっても過言ではありません。

「つくる」と「たべる」を1つにする、という世界観もすばらしい。詳しくはこちらのサイトでご覧ください。

3Way水切りボウル

そしてもうひとつ、こちらは水回りのグッズです。

名前には3Wayとあるのですが、基本はボウルとザルのふたつの機能を持つ商品。Twitterで情報が流れてきました。

ミングルは、シンクがとても小さいので、ボウルとザル、ふたつが一度に入りません。2WAYなのにこんなにたっぷり水が入るのも魅力。底についたわずかな足で、最後まで水が切れるようになっているのも素晴らしい。この商品は、使ってみるとその魅力がよくわかる。指でちょっと傾きを変えると機能ががらりと変化するさまが楽しいのです。

もちろん普通のキッチンで使っても大活躍まちがいなしです。新潟県燕市で作られている商品です。

UCCミルクフォーマー

ポタージュの上に、ミルクの泡をのせたいと思って、家庭用のミルクフォーマーを探しました。これがベストかどうかはわからないのですが、あまり小さいと大人数分つくるときにめんどうだし、あまり大がかりだと今度は(イベントのときなどに)運ぶのがたいへん。こちらUCC上島珈琲のミルクカップフォーマ―。値段の割に案外性能がいいのです。デザインは決してスタイリッシュとはいいにくいのですが、見ようによってはかわいい。

実は下がヒーター、上がカップになっています。カップにミルクを入れてスイッチを入れると蓋についた泡だて器でミルクフォームができます。そこにコーヒーを注ぐと、カップとして使えるというもの。

かぼちゃのポタージュに、ふんわりミルクフォームをのせて、カプチーノ風に。泡がきめ細かいのと、すごく長持ちします。必需品じゃないけれど、ちょっとあると楽しい一台。コーヒーライフも充実しました。

ダンスクのキャセロール鍋

ダンスクのこの特長ある鍋のデザインは、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。前から欲しいなーと思っていたのですが、仕事でこのサイズの鍋を買うことになり、とうとう購入。

コベンスタイル・キャセロール4L(23センチ)

このクロスのふたがおしゃれ!ふたをテーブルに置いたら鍋敷き代わりになるというのも楽しい!

底にふくらみがあります。なので、径は23センチだけれど、24センチの鍋ぐらいの容量に。かなり大きいので18センチのほうがいいかもです。

ルクルーゼや、ストウブほど厚手ではなく、やや焦げ付きやすいので、汁気の少ない料理には向きません。汁たっぷりのスープ、たとえばポトフなどに最適です。dancyuの記事でこんなふうに使いました。

黄色いグッズがキッチンや食卓回りにあるの、明るくていいです。いま、うちの鍋棚の中央に置かれ、ミングルのアイコンみたいになっています。

ネットで買えますが、このサイトの説明はすごく詳しく、商品の魅力を伝えています。次はミルクパンがほしい…

リーデルのワイングラス

客用グラスを久々に買い替えました。

足つきのワイングラスって、パーティのとき必ず誰かが倒しませんか。私はモノ好きではあるけれど執着はないので、こぼしても壊れても全然気にしないのですが、当人はやっぱり気持ちがしゅーんとなってしまうものです。なので、ステムなしのタイプをたくさん買いました。これで安心。

リーデルのこのグラスはワインによっていくつかタイプがあるみたいですが、白ワイン用だったから、これかな?白ワインも赤ワインも、ビールもジュースもこれで飲んでいただきます。

ブラウンの掛け時計

料理をするときには、時計をよく見るものです。リノベーションしたのを機に、リビングの時計を買いかえました。選んだのはこちら。定番中の定番という感じですが、ブラウンの壁掛け時計です。

今のモデルは、静音設計になっているみたいですが、私はチッ、チッ、とかすかな音が鳴るアナログな感じが気に入って、前のモデルをかなり探し回りました。でもテレビ撮影のときは、音が気になるので外してくださいと言われてしまった(笑)

一日に、何度も時計を見ながら、レシピの時間をはかります。

クチポールのスプーン

今年は小さな食器類は案外買わなかったかもしれません…というか、ミングルは最小限の道具で済む設定なので、むしろいろいろ捨てたんですよね。

そんな中、インテリアショップでいいなと思って買ったのが、クチポールのスプーン。デザートスプーンですが、私はブイヨンスプーンとして使っています。ですので、少し浅め。

2本だけ、買いました。後から知ったのですが、いま流行っているデザインなんですね。このスプーンを添えるだけで、スタイリッシュに見えます。

クチポール、ポルトガルのメーカーでした。

山本商店の天然利尻昆布

最後に、道具じゃないものをひとつ。

私にとって、今年一番印象的だったのは、夏に訪れた礼文島の昆布です。利尻昆布の産地を訪れ、昆布漁や昆布を干す現場を見られたのは、スープ作家として大きな体験でした。(こちらのnoteに詳しく記しています

昆布の漁と生産をしている山本さんご一家に、お世話になりました。天然の昆布を採り、家族で天日干しします。生産量は少なく、今年の昆布はもう終了ですが、リンクを貼っておきますのでぜひご覧ください。

パッケージの版画も山本さん作。小さいので、等級としては低くなってしまうのですが、味は最高級です。

++++++

さて、今年の私のお買い物、いかがでしたでしょうか。ミングルというコンセプチュアルな場を作ったことで、そこに合うものが引き寄せられてきました。

選ぶことで、生活が楽に、それでいて豊かになる。そんなものを探して、2020年もお買い物をしたいと思います。








この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございました。日本をスープの国にする野望を持っています。サポートがたまったらあたらしい鍋を買ってレポートしますね。

スープ、大好き。
474
スープ作家。365日、毎朝スープ。つくる楽しさのある「うちごはん」で、みんなの暮らしを守ります。料理の基本が身につくcakes連載『スープ・レッスン』https://cakes.mu/series/3722

この記事が入っているマガジン

コメント3件

素敵なものがたくさんあって目移りしてしまいますね🎵
ダンスクの黄色いお鍋欲しい✨うちの土鍋も黄色なんですが、食卓が明るくなっていいですよね❗
リーデルのワイングラスは以前から愛用していますが、このステム無しを買うかどうか迷っていました。そうか、来客用にはベストですね❗安心してお出しできそうですね🎵
とても参考になりました(*^^*)
ジュウ!感激です、感動です。ありがとうございます。
そして、3Way水切りボウル、BRAUNの時計は、ウチも使ってます。
そこにジュウが並ぶなんて嬉しいっ。
夏に礼文に行かれた紀行文を以前読ませていただきました。私も2シーズン夏の時期に礼文に滞在したことが有り、どうも有賀さんが滞在なさった宿がその際に勤めていたホテルだったようで懐かしく読ませていただきました。
礼文の雲丹、昆布、ホッキ貝の味が忘れられません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。