『スープのたね』イベントレポート 2016.1.15

画像1 金曜日、絵本作家のきくち ちきさんをお招きしてスープのイベントを開きました。ライブペインティングの様子をレポートします。(撮影:赤崎えいか)
画像2 紙は1.5m×4mの大きな紙に、約2時間で絵を描いてもらいます。お題は架空の絵本『スープのたね』のイメージ画。大きな鍋をみんなで囲んでいる、そんな場面をちきさんに描いてほしいとお願いしました。
画像3 水彩絵の具と普通の絵筆で、絵を描いていきます。
画像4 きくちちきさんは『しろねこ くろねこ』で絵本作家デビュー。本作品が“ブラティスラヴァ国際絵本原画展金のりんご賞”を受賞しました。気鋭の絵本作家です。最新刊は今の季節にぴったりの『ゆき』(ほるぷ出版)。
画像5 最初しばらく、何が描かれているのかわからなかったのですが
画像6 途中から、次々と動物たちが現れました!
画像7 真剣なまなざしの、ちきさん。
画像8 さて、絵が少し進んだところでスープタイム。本日のスープは、フランスの地方料理、ガルビュールです。白いんげんやきゃべつ、かぶなどを入れた素朴なスープ。ピメント・デスペレッドという唐辛子をふりかけて。
画像9 今日はパティシエの杉山トモ子さんが、絵本にちなんだアイシングクッキーを何種類か作って持ってきてくれました。
画像10 青い鳥のクッキー。
画像11 ちいさなお子さんからの質問にも、笑顔で答えてくれるちきさん。
画像12 さあ、終盤になって、いよいよ鍋が描かれました。その中身は?
画像13 紙の上を歩きながら、足りないところに筆を入れていくと、絵がどんどん強くなっていきます。
画像14 完成間近。
画像15 サインを入れて、完成。絵の上に残されたたくさんの足跡、そして絵ができる間を共有したみんなの時間、鍋の中身よりも、そのことが一番大事だということを伝えたかったというちきさんの言葉に、会場から大きな拍手が湧きおこりました。
画像16 絵本の場面は、紙の上に描かれた絵だけではありません。絵を見ているお客様たちも、動物たちと一緒に美味しい時間を過ごした仲間です。大きな絵本が会場の中に現われました。
画像17 レポート写真は写真家の赤崎えいかさんが撮影してくださいました。素敵なサイトもぜひ→ http://www.akasakieika.com/#!journey/ckiy
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
有賀 薫

読んでくださってありがとうございました。日本をスープの国にする野望を持っています。サポートがたまったらあたらしい鍋を買ってレポートしますね。

いま、スープをお出しますね。
25
スープ作家。365日、毎朝スープを作っています。日本をスープの国にする野望。旬の野菜をたっぷり簡単にシンプルに食べるcakes連載『スープ・レッスン』https://cakes.mu/series/3722