見出し画像

じゃがいもとヨーグルトのポタージュ~「#ヨーグルトのある食卓コンテスト」結果発表に寄せて

明治ブルガリアヨーグルトとnoteがコラボした「#ヨーグルトのある食卓」投稿コンテストに審査員の一員として加わり、各賞を選ぶお手伝いをしました。公式の発表はこちらです!

期間中、たくさんのヨーグルトの話を読んで、いろいろな家族やいろいろな朝や、いろいろなヨーグルトの食べ方に触れることができました。ヨーグルトというお題の性質上、ほっこりした、心あたたまる作品が多く見られました。だからこそ優劣はつけにくく、なかなか選ぶのに苦労しました。

その中で、自分の作品の核を、読者になんとかして伝えようという気持ちを一歩前に出したものが、グランプリはじめ、受賞作品だったと思います。受賞者のみなさん、あらためておめでとうございます。

**

今回はさまざまなヨーグルトの食べ方も教えていただき、刺激を受けました。審査発表に寄せて、ヨーグルトを使ったスープを作ってみたので投稿します。

ヨーグルトは、スープに混ぜて加熱すると分離してしまうんですよね。でも熱々のスープに冷たいヨーグルトを混ぜて、加熱しなければ大丈夫。今日はじゃがいもポタージュでやってみます。まろやかなポタージュにヨーグルトの軽い酸味がとてもよく合います。

じゃがいものヨーグルトポタージュ

材料(2人分)

じゃがいも 3個
たまねぎ 1/4個
プレーンヨーグルト(無糖)お好みの量
塩 小さじ1/3~1/2
オリーブオイル 大さじ1 

※オリーブオイルが写真に入っていませんでした!サラダオイルやバターでもOKです。

1
じゃがいもは皮をむき半分に切ってから薄切りに。たまねぎも茶色い皮をむき薄切りにする。 
鍋にたまねぎとオリーブオイルを入れ、中火で透き通るまで炒め、じゃがいもとひたひたの水を加えて、じゃがいもがやわらかくなるまで煮る。


火からおろし、塩を加え、ハンドブレンダーをかける(じゃがいもはかけすぎると粘りが出るので、粒がなくなったら早めに止める)。好みの固さまで水で伸ばしてあたため、味を見て足りなければ塩でととのえる。


器に盛り、プレーンヨーグルトを好みの量かける。(一人大さじ1~2がめやす)ヨーグルトは、使う分器にとって、よく混ぜてなめらかにしておきましょう。とくにホエーとヨーグルトが分離しているときはしっかり混ぜてください。

にんにくなんか、ほんのちょっとポタージュに加えてもいいですね。ほかにも、にんじんやかぼちゃ、ほうれんそうなどのポタージュでもおいしいと思います。

***

ブレンダーを持っていない方は、普通のスープやシチューにヨーグルトをトッピングしてみてください。こちらは私の『おつかれさまスープ』から、レンジで作れる、トマトとオクラ、厚揚げのカレースープです。ヨーグルトをトッピングして混ぜながら食べることでおいしくなります。

みなさんもさまざまなヨーグルトスープ、試してみてはいかがでしょうか!

#ヨーグルトのある食卓 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございました。日本をスープの国にする野望を持っています。サポートがたまったらあたらしい鍋を買ってレポートしますね。

昆布だし、おすすめです。
98
スープ作家。365日、毎朝スープ。手数は減らしておいしさ増やし、料理で暮らしを守ります。幸せは思うより簡単に作れる。cakes連載『スープ・レッスン』https://cakes.mu/series/3722
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。