見出し画像

憎かった兄の死を綴った村井理子さん話題の新刊『兄の終い』!(No. 861)

考える人 メールマガジン
2020年4月16日号(No. 861)

アクセスランキング

■第3位 日々野鮎美(イラスト・監修 信濃川日出雄)「山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌」
テーブルマウンテン、苗場山で初心に戻る!

今回は苗場山! 苗場といえば、スキーやフジロックのイメージが強いかもしれませんが、苗場山には「神の田んぼ」にもたとえられる美しい光景が広がっているのだとか……。思うように外に出られない方が多い中、人気を集めた記事でした。


■第2位 古井由吉×蓮實重彦「終わらない世界へ」
第2回 驚くべき方法的な賭け

先日亡くなった作家の古井由吉さんが、2006年に蓮實重彦さんと行った、『辻』をめぐる対談を復刻掲載。その第2回が2位にランクイン。ということは、1位は……


■第1位 古井由吉×蓮實重彦「終わらない世界へ」
第1回 「この人枯れてない」

東京大学の同級生であり、かつ立教大学での同僚でもあったおふたりが行った最初で最後の対談の第1回が初登場1位! 古井由吉追悼特集の「新潮」最新号も話題です。

最新記事一覧


■大高郁子「考える猫のその日暮らし」(4/13)
猫の効用

外出自粛中に再確認した「猫の効用」……! 猫のみならず、ペットとともに暮らしている方必見!

■吉川トリコ「おんなのじかん」(4/15)
15.流産あるあるすごく言いたい

前回、ご自身の流産体験を書いてくださった吉川トリコさん。確かに悲しいことですが、どうして流産の話が避けられ、隠されなければならないのか?

■安田菜津紀の写真日記(4/15)
「緊急時なのだから批判をするな」に思うこと

「緊急時なのだから政府の批判をするな」という声がネット上で散見されます。

こういう時だからこそ、もっと言えば、平時から「これはどうなの?」という疑問や批判を投げかけることは大事だと安田さんは訴えます。

編集長のお気に入り

◎村井理子『兄の終い』CCCメディアハウス


当サイト連載「村井さんちの生活」の最新回「孤独死した兄のこと」で触れられていた村井理子さんの最新刊を読みました。

連載でも書かれていましたが、昨年10月下旬、夜遅く、村井さんは宮城県塩釜警察署から携帯電話に連絡を受けます。「実はお兄様が本日多賀城市内でご遺体となって発見されました」。もともとあまり仲が良くなく、二度の離婚後、生活に困窮し、借金を求めてくることも多かった兄。その日からの5日間、兄の元妻と兄の娘と息子とともに、いかに兄の人生の後始末をつけたかが書かれています。

はじめてこの話を聞いたとき、てっきり、お兄さんは一人で暮らしていたのかな、と思っていたのですが、息子さんと二人暮らしだったんですね。残酷なことに、お兄さんの死の第一発見者も息子さん。読んでいくうちに、お兄さんがすべてに捨て鉢になって死んでいったのではなく、病気で身体を悪くしながらも、お兄さんなりに息子のために動いたり、一所懸命あがいていたりしたのが分かってきます。

「一刻もはやく、兄を持ち運べるサイズにしてしまおう。」こういう私的な家族のことだと、作品化するまで、距離をおいて起きた出来事を咀嚼できるよう、数年ほど時間をおくのが普通です。あえてそうせず、昨年後半に起きたことをすぐに書こうとするのが、村井さんらしいです。書かれている記憶の詳細は、急速冷凍されたように生々しく、しかも時系列に沿って見えてくるものが淡々と正確に記されます。乾いた筆致に、改めて村井さんの筆力を感じました。

ツイッターでこの本の感想に出会うと、同じような兄弟や親族を抱え、同じように家族を見送った体験のある人ってものすごく多いという印象を受けます。家族というものの、忘れようとしても、許してくれない独特なうっとうしさ。それぞれの読者の記憶を強く揺さぶる本です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■考える人
https://kangaeruhito.jp/

■note
https://note.com/kangaerus

■Twitter
https://twitter.com/KangaeruS

■Facebook
https://www.facebook.com/Kangaeruhito/


Copyright (c) 2020 SHINCHOSHA All Rights Reserved.
発行 (株)新潮社 〒162-8711 東京都新宿区矢来町71
新潮社ホームページURL https://www.shinchosha.co.jp/

メールマガジンの登録・退会
https://www.shinchosha.co.jp/mailmag/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポートしてくださったら、編集部のおやつ代として大切に使わせていただきます!

心より感謝申し上げます!「考える人」にも遊びにきてくださいね。
7
「考える人」は、"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)を編集理念にした、新潮社のWebマガジン。 そんな「考える人」をより親しんでいただけるよう情報発信しています! https://kangaeruhito.jp

こちらでもピックアップされています

考える人メールマガジン
考える人メールマガジン
  • 54本

Webマガジン「考える人」が毎週木曜日にお届けしているメールマガジンを、noteでも読めるようにしました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。