心揺さぶるモノカキ屋 兼重日奈子

ビジネス書作家 兼 シナリオライター 第一回ダイキン工業様「くうきのシナリオ大賞」最優秀賞受賞 好評既刊 「人間関係が一気にうまくいくねぎらいの魔法」(三笠書房) 「慕われる店長になるために大切なこと」(WAVE出版) 他多数

心揺さぶるモノカキ屋 兼重日奈子

ビジネス書作家 兼 シナリオライター 第一回ダイキン工業様「くうきのシナリオ大賞」最優秀賞受賞 好評既刊 「人間関係が一気にうまくいくねぎらいの魔法」(三笠書房) 「慕われる店長になるために大切なこと」(WAVE出版) 他多数

    最近の記事

    本を出版したい人へ。~本を出すより大切なこと~

    モノを書く人なら、「出版」は、恐らく誰にとっても夢のひとつでしょう。 自分の本が書店に並んでいる光景を見るのは、本当に心が震えるくらい 嬉しいものです。 でも、これから本を出す人、出したい人に、ぜひ知っておいてほしいことがあります。 それは、 「本を出すことはゴールじゃない」ということです。 ま、そりゃ、そうですよね。 自分も含め、作家でもない、ごくごくフツーの人が どのような経緯で出版につながるのか? フツーの人が出版した場合、「売れる本」と「売れない本」の違いは何か

    スキ
    21
      • シナリオ「夫のメンタルが弱すぎる件」

        心揺さぶるモノカキ屋、兼重日奈子です。 月刊『シナリオ教室9月号』に、「20枚シナリオ習作集」として、 「夫のメンタルが弱すぎる件」という作品を 掲載していただきました。 ありがとうございます!! *「20枚シナリオ」というのは、シナリオセンター で、毎週出される課題です。毎週毎週、課題に沿って、20枚を書きあげることで、書く基礎力がついていきます。シナリオの筋トレとも言われます。 課題は「姑と嫁」。 人と人との関係性を書いていくシリーズで、「兄弟姉妹」や「親子」とい

        スキ
        44
        • お仕事のご依頼について

          当ページにお越し頂き、誠にありがとうございます。 心揺さぶるモノカキ屋、兼重日奈子です。 出版社様 映像会社様へ 心揺さぶるストーリーを創作します。 シナリオ 小説 ビジネス小説 コミック原作 お任せください。 パーソナルメニュー 【ビジネス小説】 あなたの会社を舞台にした、ビジネス小説をつくりませんか? 働く会社に誇りが持てる。 自分の会社が好きだ。 ――それも、「働く幸せ」のひとつです。 経営者の理念や、従業員への想いは、 なかなか言葉だけでは伝えきれません。 自分

          スキ
          34
          • 自己紹介

            当ページにお越し頂き、ありがとうございます。 心揺さぶるモノカキ屋、兼重日奈子です。 元アパレル販売員で、元研修講師、元研修会社代表、 ビジネス書作家、そして、シナリオライターの2児の母です。 ややこしいので、それぞれのパートに分けて自己紹介させて頂きます。 ご興味のあるところからどうぞ。 ①【アパレル販売員時代】短大を卒業後、アパレル企業に就職しました。 正直、それほどやりたかった仕事ではなく、 (第一志望は別の業界) そもそも、自分は高校を卒業したら就職するつもりでい

            スキ
            46
            • 【終わったわけではないけれど、今日書いておきたいこと】オウム事件考察

              ニュース速報が流れる。 「麻原ら、オウム死刑囚7人、死刑執行」 途端、忌々しい記憶が甦る。 あれほど狂気に満ちた事件は、 未来永劫起こらないことを信じたい。 事件当時は、あまりに目まぐるしく事が展開していくので、 考察するヒマもなかった。 というより、あの禍々しく後味の悪い一連の出来事を 一日も早く記憶から消し去りたかった。 あれから、23年。 今日、一つの区切りがついた。 終わったわけではない、でも、区切りがついた、 から、今日記しておこう。 書い

              スキ
              10
              • 「ねぎらう」って、なんだ?

                「ねぎらい」は 「行動」に対して、ねぎらうもの、 だと捉えてしまうと、 途端に難しくなる。 「行動」できていないことも 多いから、一般的に。 「あいつ、さぼってんじゃね?」 って思っちゃったら、 途端にねぎらいなんか、できなくなります。 でも、「ねぎらい」を、 「感情」や 「心の動き」といった、 目には見えないものに対して行うものだとしたら、 少し意味合いが、違ってきます。 「辛かったよね」 「苦しかったね」 「いま

                スキ
                15
                • 「必要とされる」ということ。

                  昨日は、長男の18回目のbirthday。 高1から不登校になり、 通信制への編入を経て、 自分の夢を追い求めつつ、 週5でアルバイトをする生活。 自身の職業柄 「どうすれば、若手人材の離職率に歯止めをかけるか?」 ばかり傾注しているので、 毎日、6時起きしながら、バイトに通う長男に 「なんで、バイト続いてんの?」 と、やや、乱暴ながら聴いてみる。 「うーん、、、。仕事があるから」 なんちゅう、抽象的な答えだ。 「なぜ、山に登るのか?そこに山があるから」

                  スキ
                  20