Twitterの中の人「シャープさん取材note」140文字で伝える意味
亀山モデル20200217

Twitterの中の人「シャープさん取材note」140文字で伝える意味

かなった

2020/02/17 文藝春秋digital 著者:山本隆博(シャープさん)

noteで展開されている文藝春秋digital
かなり読みごたえがある記事が量産されていて、良く拝見しています!

その中で新しい連載が始まりました。
Twitterの140文字についてお話をしてくださる企画です。
第一回目、まさかの方が登場しました。

Twitterで味のあるつぶやきをされるシャープさん
株式会社SHARPの公式ツイッターを担当されています。

シャープさんの特徴として、ユーザーが商品選びに困っているなと感じた質問に関して答えて下さる場合があります。
例えば、レコーダーについて質問がありました。

画像2

他の企業さんが良い物を作っていたら、
正直に答えてご丁寧にリンクまでつけるシャープさん。他にも、

なぜ、牛丼を洗濯したのか不明ですが、真面目にお答えなさっています。

このnoteだけでは伝えきれないのですが、かなり面白いツイートをされています。140文字に『人の温もり』が感じます。
そんなシャープさんがnoteに記事をかかれたので見に行きました。

知らなかったのですが、シャープさんはこのようなツイートを初めて9年になるとの事。これは長い方だと私は思いました。部署移動と言いますか、そのような事は無かったのですね。愛されているからでしょう。
その結果、フォロワー数も64万。スゴイ数です!

最初にTwitterを任されたとき、嬉しかったそうです。
シャープさんは『言葉』についてかなりのコダワリがあったようで、ご本人も「渡りに船」と言っています。記事で心に残った一節がありまして、

鮮度と体温を保ったまま、
お客さんの手の中のスマホへ、言葉を直接届けることができる。

家電を作っているメーカーさんらしいメッセージだと感じました。
企業とお客様との距離感を大事にしているシャープさんらしい言葉でした。

面白かったのは、シャープさんの過去の仕事も書かれていました。
世界の亀山モデルの広報をされていたのですね😳

亀山モデルは、10年ほど前に私も買いました
東日本大震災があり、私は関東にいましたが、地震でテレビが床に落ちて壊れてしまい、買い換えました。今も現役です。
こちらが、我が家のAQUOSです!

亀山モデル20200217

3年前に1回だけ修理しました。
その時に、我が家に来たシャープ修理さん、いわく。
「このテレビは、とてもいいものです。長く使えますよ」

おっしゃる通り、あれからもずっと使い続けております。
パソコンのモニターとして利用でき、本当に良い買い物でした!

---
今回の対談にあたり、
シャープさんも自身のTwitterで告知をされていました。

微妙に検索しにくいよう配慮している文字がニクイですね。
この対談は『文藝春秋digitalさんで、2/19まで無料で読めます。

忖度なしの言葉を届ける挑戦をしたシャープさん。
とても面白い記事でした。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かなった

いつも記事を読んでくださりありがとうございます!noteは気軽に楽しく書けてみんなと情報交換も出来る。とても良いです🥳。ですので、どうぞお気軽にコメントやスキをしてくださいね。 ✨noteユーザーでなくてもスキ(いいね)は押せます✨

スキありがとうございます!これからもよろしく御願いします
かなった
プログラマ→社内SE→総務部リーダー。初心者向けのnoteサポセン、NHKクロ現プラスの番組レポや、仕事効率化の話、たまに小説も。 趣味はオンラインゲーム。ゲーム記事も書いてます。2019年 日本財団SIF×note『 #こんな社会だったらいいな 』準グランプリ🏆