黄梅仕事。
見出し画像

黄梅仕事。

Ozawa Eiko

梅もだんだん色づいてきて、黄梅が出回っています。
というわけで、ひたすら黄梅仕事。

画像1

画像4

講座では、昔ながらの梅干しのほか、簡単梅漬け、黄梅みそ、完熟梅のとろとろ梅酒などを。

画像3


赤ジソをもみしそにする手順をみんなに見てもらいました。


梅の試食は梅尽くしで。

画像2



・梅じゃこゴマご飯
・イワシのミョウガとオクラ巻き焼きベッカフィーコ風
・切干大根と梅漬けのパリパリ和え
・生の黄梅とタコのマリネ
・梅肉&とろろ昆布の冷たいお椀。


梅雨のじめじめするこの季節から夏にかけては、梅料理がよく合います。
季節のものは、体を養生してくれますね。

6月末くらいまで黄梅が出回るので、皆様、仕込み忘れなきように(^^)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
褒められると伸びるタイプです
Ozawa Eiko
手作り調味料研究家。自家製調味料の仕込み教室「かもしラボ」主宰。実用書籍の編集者。得意ジャンルは食、農、自然観察(とくに蛾、変形菌、植物)、生き物飼育など。著書に『だからつくる調味料』(ブロンズ新社)がある。 http://www.kamoshilabo.com/